ビズライト・テクノロジー、Raspberry Pi利用の汎用ボックス発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ビズライト・テクノロジー、Raspberry Pi利用の汎用ボックス発売


掲載日:2015/06/02


News

 株式会社ビズライト・テクノロジーは、シングルボードコンピュータ「Raspberry Pi」(RPI、モデルB+ベース)を利用した汎用ボックス「BH1」を発売する(モデル2への対応は2015年第4四半期予定)。価格は3万円。また、「BH1」を使用したデジタルサイネージソリューション「デジアピ」を2015年第2四半期に発売する。

 「BH1」は、汎用ボードを産業用途で安定利用するために、電源スイッチと連動するシャットダウン回路を装備し、外部電源のダウンを検出すると、大容量のコンデンサを使用して電源断から約30秒間動作できる。電源断信号は割込信号としてGPIOで検出され、プロセスは安全なシャットダウンを実行できる。また同社は、このシャットダウンプロセスを更に最適化し、ノーマルベースで数十秒かかるシャットダウンを7秒程度で完了できる。

 RTC(Real Time Clock)デバイスと、交換可能なボタン電池を搭載しているため、リアルタイム管理が求められるアプリケーションでも利用できる。内部にレギュレータを搭載し、独自電源回路からRPIのピンヘッダ経由で5Vを供給することで安定した動作を図れる。また、CPUに放熱デバイスを装着し、熱を金属ケースに逃すことで、一層の安定化を図っているほか、恒温槽を利用した温度動作試験を行ない、0度〜40度の動作を保証している。

 グランド処理やケーシングを行なうことで、ノイズレベルを数十mVまで抑え、EMSや静電イミュニティ、サージイミュニティなどの各種耐性検査をクリアしている。ハードウェアウォッチドッグタイマを有効化し、CPUが暴走した場合でも、ハードウェア的にCPUをリブートできるため、システムがハングアップしたままになる可能性を低く抑えられる。また、汎用のスイッチが5つ用意されているため、別途スイッチボックスの用意が不要になる。

 同社では、デジタルサイネージソリューション「デジアピ」プラットホームとして展開するほか、汎用コントローラとして利用できるよう、各種ドキュメント/API/カスタマイズOSなど、「BH1」を使用したアプリケーション開発を容易に行なえる環境を提供する。また、同ボックスに専用アプリケーションを搭載し、システム(ハードウェア)として販売する場合、共同開発などで協業モデルを展開する。


出荷日・発売日 −−−
価格 「BH1」:3万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他サーバー関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他サーバー関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他サーバー関連」関連の製品

監視・ログ管理サーバ GAZERシリーズ 【インフィニコ】 物理サーバの導入に関するアンケート 【ユニアデックス】
その他サーバー関連 その他サーバー関連
記憶装置にフラッシュメモリを使用しディスクレス、ファンレスのスピンドルレス設計で安心の監視・ログ管理サーバ。故障機器を自動認識する「FaultLocator機能」搭載。 抽選で5名様に5000円分商品券★「物理サーバ」関連のアンケート

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062101


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバー関連 > その他サーバー関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ