サードウェーブデジノス、高速SSD搭載のクリエイター向けPC発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サードウェーブデジノス、高速SSD搭載のクリエイター向けPC発売


掲載日:2015/06/01


News

 株式会社サードウェーブデジノスは、高速SSD「Intel SSD 750」シリーズを搭載し、高速・大容量の作業用テンポラリとして活用でき、作業効率の向上を図れるPC「Raytrek LC-E 750」「Raytrek HE-X 750」を発売した。

 「Raytrek LC-E 750/HE-X 750」は、「インテル SSD 750」シリーズを、OS起動用SSDとは別に、作業用テンポラリ領域用ドライブとして搭載し、4Kなどの高解像度の編集や3DCG製作など、大容量データを高速で読み書きする必要がある用途で、作業効率の向上を図れる。容量は400GBに加え、1.2TBも選択できる。

 マルチコアに最適化された各種アプリケーションを、より軽快に、快適に利用できる6コアCPUを搭載しているほか、10コア/20スレッドの同時並行処理能力を備えたXeon E5プロセッサ搭載モデルも用意されている。メモリも最大64GBまで増設でき、高度なクリエイティブワークをスムーズに行なえる。

 プロフェッショナル向け高性能グラフィックス「NVIDIA Quadro K4200」を搭載し、OpenGLアプリケーションなど様々な用途で優れた描画性能を提供する。また、最大4Kの高解像度表示や、10ビットカラーでの優れた色表現を提供し、優れた表現力でクリエイティブワークをサポートする。

 メモリの増量や、より大容量のHDDへの変更、追加を行なえるほか、データの受け渡しに利用できるブルーレイドライブやリムーバブルケース、高効率で安定性に優れた80 PLUS PLATINUM認証電源や静音性に優れた山洋製ケースファンなど、様々なカスタマイズメニューが用意され、用途や好みに合わせて仕様を柔軟に変更できる。

 価格は、Core i7-5820Kプロセッサを搭載した「Raytrek LC-E 750」が35万9980円、Xeon E5-2687W v3プロセッサを搭載した「Raytrek HE-X 750」が64万9980円。


出荷日・発売日 2015年5月29日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062097


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ