NIコンサル、スマートウォッチで簡単に顧客への訪問を報告可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NIコンサル、スマートウォッチで簡単に顧客への訪問を報告可能に


掲載日:2015/05/28


News

 株式会社NIコンサルティング(NIコンサル)は、営業支援システム「Sales Force Assistant」と連携し、簡単に顧客への訪問を報告できるスマートウォッチアプリ「Touch! for Android Wear」の提供を5月30日に開始する。

 「Touch! for Android Wear」は、画面をタッチまたは顧客名を音声入力することで、位置情報をもとに現在地周辺の顧客情報を「Sales Force Assistant」の顧客DBから検索して表示する。表示された顧客情報をタップすることで、その顧客への訪問を業務報告できる。訪問した履歴はDBに記録される。

 両手がふさがっていてスマートフォンの操作もしづらいような現場作業員やサービススタッフの業務効率化を支援するほか、社内の情報伝達のスピードと正確性の向上を図れる。

 利用には、「Sales Force Assistant」の契約が必要。Android Wear OS搭載スマートウォッチとペアリングしたスマートフォンまたはタブレットに、Google Playから無料アプリ「マッピングアシスト for SFA」をダウンロードすると、スマートウォッチに自動インストールされる。

 「Sales Force Assistant」の価格は、パッケージソフトが5ライセンスで20万円から、クラウドサービスが1ユーザ月額3500〜4700円。今回提供されるアプリは無料。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SFA」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

「SFA」関連の製品

営業の働き方改革でIT部門ができることとは?_JUST.SFA 【ジャストシステム】 情シス視点で見る 導入してもいいSFA、導入したくないSFAとは_JUST.SFA 【ジャストシステム】 データ主導のマーケティングを実現するための「5つのデータ管理ルール」 【インフォマティカ・ジャパン】 eセールスマネージャーRemix Cloud 【ソフトブレーン】 純国産クラウド型統合ビジネスアプリケーション Knowledge Suite 【ナレッジスイート】
SFA SFA SFA SFA SFA
営業の働き方改革を加速させるために、IT部門ができることとは?どのようなITツールを活用すれば、営業の働き方改革が前へ進むのか、詳しく解説。 情シスから見て「こんなSFAは導入したくない」のは、どんなSFAなのか。SFA導入検討時に、必ずチェックすべきポイントを挙げ、情シスに負担が掛からないSFAの選び方を解説。 データ主導のマーケティングを実現するための「5つのデータ管理ルール」 営業現場での使いやすさを一番に考えて設計された国産CRM/SFA。柔軟な設定変更が可能なため、常に自社の営業プロセスにフィットした環境を構築できる。 グループウェア、SFA、CRMが機能連携したクラウド型統合ビジネスアプリケーション。初期費用無料、ユーザー数無制限、スマートフォンやタブレット等のマルチデバイス対応。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062060


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ