NEC、PLMソフトの新版で組込みソフト開発管理や米国法規制に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、PLMソフトの新版で組込みソフト開発管理や米国法規制に対応


掲載日:2015/05/27


News

 日本電気株式会社(NEC)は、設計図面・仕様書・部品表などの製品技術情報を一元管理するPLM(Product Lifecycle Management)ソフトの新製品「Obbligato III R3.1」の出荷を6月1日に開始する。ライセンス価格は最小構成で170万円から。

 今回の新製品は、組込みソフトの開発プロセスを管理する機能を提供することで、自動車業界や電機業界などで、ハードやソフトの開発プロセスの統合管理を図れる。また、医療機器業界などでの電子記録・電子署名に関する米国連邦規則“21 CFR Part11”に対応したセキュリティ機能を提供することで、同規則への確実な対応を支援する。

 組込みソフトの開発工程を“要求仕様”“単体設計・実装”“単体・結合テスト”“要求検証”に分けて定義し、それぞれに要求書、機能・テストなどの仕様書や関連文書、システム構成要素などを管理できる。開発工程で発生する開発・変更・問題解決の各作業を“チケット”として管理し、“誰が・いつ・何をしたか”を見える化することで、開発の効率化・品質向上を支援する。また、ソフトの構成管理ツール「Subversion」と連携し、“チケット”と該当するプログラムの所在情報を関連付けて管理することで、“チケット”からプログラムを追跡できる。

 “21 CFR Part11”に対応したセキュリティ機能では、電子署名の際にパスワードを要求して認証できる。また、データ生成・更新時の操作履歴(アクセスログ)を記録し、監査証跡として利用できるほか、操作履歴の改ざん防止を図れる。一定回数のログイン失敗で利用者IDを一時停止でき、管理者に警告メールを発信する機能も備えている。

 マイクロソフトのコラボレーションソフト「Microsoft SharePoint」の画面上から、「Obbligato」で管理するファイルの検索・閲覧や、ファイル作成者への電話・チャット・メールを行なえる機能が提供され、企業内コラボレーションの促進や業務効率化を図れる。また、設計図面といった機密データの印刷や外部媒体へのコピーなどの持ち出し操作を制御する機能で、出張時など「Obbligato」サーバにログインできない場合にも、PCに保存した機密データを参照できる“オフラインログイン機能”が追加されたことで、利用者の利便性向上が図られている。


出荷日・発売日 2015年6月1日 出荷
価格 ライセンス価格:最小構成で170万円〜

関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PLM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PLM」関連情報をランダムに表示しています。

「PLM」関連の製品

PLM/PDMソリューション「OpenPDM 核」 【コア】 PLMソリューション「Obbligato III」 【NEC】
PLM PLM
BOMの管理、設計成果物の管理、承認情報の管理など、PLM/PDMとして必要な機能を実装し、小規模での導入も可能なPLM/PDMソリューション。 さまざまな技術情報を統合管理し、グローバル開発における製品情報共有基盤を構築。
電機・機械を始め幅広い業種の企業で採用されている国内トップシェアのPLM製品。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062043


IT・IT製品TOP > 情報システム > PLM > PLMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ