ユーザーローカル、第三者割当増資でビッグデータ解析事業強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ユーザーローカル、第三者割当増資でビッグデータ解析事業強化


掲載日:2015/05/27


News

 株式会社ユーザーローカルは、ビッグデータ分析事業強化を目的に、YJキャピタル、East Venturesを引受先として約2億6000万円の第三者割当増資を実施することになったと発表した。

 ユーザーローカルは、ヒートマップに対応したWeb解析ツール「User Insight」やソーシャルメディア解析ツール「Social Insight」を中心に、企業のマーケティング担当者やマネージャー、デザイナーに向けて、専門家でなくてもビッグデータを有効に活用できる分析ツールを提供している。

 今回の資金調達は、顧客増による分析対象となるデータ量増大、スマートフォン・マルチデバイス領域やO to O分野での分析ニーズが急速に高まっている点から実施に至ったと述べている。

 また、大規模インフラ投資とあわせて、業種に特化した解析サービスの開発・運営体制を強化する予定だとしている。メディア業界に特化した「Media Insight」など、各業種別のビッグデータの有効活用を促進し、事業拡大を図っていくと伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IoTのハードルを飛び越えるには企画〜開発までどう進めるべきか 【ソフトバンク】 次世代データセンターの能力を決める6つの要件とは 【ネットアップ】 5つの原則に見る、次世代データセンターの姿とは 【ネットアップ】 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 【駅探】 事例で検証! Office 365 はコミュニケーション活性化の切り札か 【大塚商会/日本マイクロソフト】
無線LAN データセンター運用 データセンター運用 その他開発関連 グループウェア
IoTのハードルを飛び越えるために、企画から開発までどう進めるべきか? 6つの要件から理解するストレージのQoS、次世代データセンターの能力を決める鍵 5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 事例/ Office 365で変えていく。社内コミュニケーションの質と量
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062035



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ