アイキューブドシステムズ、パートナープログラムにVAIOが参加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アイキューブドシステムズ、パートナープログラムにVAIOが参加


掲載日:2015/05/27


News

 株式会社アイキューブドシステムズは、VAIO株式会社が5月25日に、アイキューブドシステムズが主催する“CLOMO Partner Network”の“CLOMO Technology Partner”に参加したことを発表した。

 「CLOMO」は、企業がモバイル/クラウドテクノロジーを利用するために必要なものを備えたモバイルファーストプラットフォームサービス。EMM(エンタープライズモビリティ管理)のための様々な機能を提供していて、スマートデバイスを企業・教育機関で導入する際の“情報漏洩対策”“利用ルールの適用”“状態の監視”を、デバイス/アプリケーション/コンテンツに対して可能にする。また、必要な機能のみを選択できる購入体系や使い勝手の良いインターフェースなど、導入・運用の手軽さが特長となっている。

 “CLOMO Partner Network”は、同プラットフォームを活用し、ユニークで付加価値の優れたソリューションを開発・提供するパートナー向けのプログラム。同プログラムは、扱うソリューションによって“Technology Partner”“Integration Partner”“Value Added Partner”の3つに分かれていて、同プラットフォーム、及び、同プラットフォームと連携した付加サービス構築を可能にする製品群の“CLOMO Certified Products”に対して、構築・導入・運用・保守などを推進するパートナー企業が対象となるという。

 VAIOが発売した「VAIO Pro 13|mk2」は、アイキューブドシステムズが提供する法人向けのスマートデバイス管理・運用・活用基盤となるMDM(モバイルデバイス管理)サービス「CLOMO MDM」の導入推奨機種として、“CLOMO Certified Products”に登録されたと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

パブリッククラウドのセキュリティは大丈夫? 【F5ネットワークスジャパン】 先進企業がクラウドサーバとしてIBM z Systemsを活用する理由 【日本アイ・ビー・エム】 Google、Androidスマートフォン向けVRプラットフォーム「Daydream」発表 【KDDI】 山小屋にも快適な通信環境を――「富士山 Wi-Fi」実現の舞台裏 【KDDI】 「データローミング=怖い」を解消したい――KDDIに聞く「世界データ定額」 【KDDI】
統合運用管理 プライベートクラウド スマートフォン 無線LAN モバイル通信サービス
クラウド運用負荷を極限まで軽減、シンプルな管理を可能にする5つの優れた機能 先進企業がクラウドサーバとしてIBM z Systemsを活用する理由 Google、Androidスマートフォン向けVRプラットフォーム「Daydream」発表 山小屋にも快適な通信環境を――「富士山 Wi-Fi」実現の舞台裏 「データローミング=怖い」を解消したい――KDDIに聞く「世界データ定額」
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062029



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ