米NI、5Gの技術開発を支援する新しい研究所を開設

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


米NI、5Gの技術開発を支援する新しい研究所を開設


掲載日:2015/05/27


News

 米ナショナルインスツルメンツ(NI)は、米国テキサス州オースティンの本社敷地内に新たな研究所Wireless Innovation Labを開設したと発表した。

 NIはコンピュータ計測制御、データ集録、テストオートメーション用ソフトウェアとハードウェア、マーケティング、技術サポートを提供している会社で、先端技術の開発促進を目的にRF/Communications Lead Userプログラムを実施している。このプログラムを通して、学術機関/企業の研究グループとの連携を図り、5G(第5世代移動体通信)の共同研究を行なっているという。

 Wireless Innovation Labは、この共同研究を支援することを目的に開設され、研究には、Intel社、ルンド大学、Nokia Networks社、ニューヨーク大学ワイヤレス(NYU WIRELESS)、Samsung社、テキサス大学オースティン校、ドレスデン工科大学の研究者が参画しており、次世代無線システムの開発に進歩をもたらすとともに、5Gの研究を前進させる役割を果たしていると述べている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? 【シマンテック】 サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 【フォーティネットジャパン】 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 【フォーティネットジャパン】 狙われ始めた「産業制御システム」、2つの重大な弱点をどう克服する? 【フォーティネットジャパン】 UTM活用ガイド:BYODなどの多様な接続環境とセキュリティを両立するには 【フォーティネットジャパン株式会社】
検疫 UTM 検疫 ファイアウォール UTM
「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 狙われ始めた「産業制御システム」、2つの重大な弱点をどう克服する? UTM活用ガイド:BYODなどの多様な接続環境とセキュリティを両立するには
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062026



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ