電机本舗、スマホの電波でPCをロックできるソフトを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


電机本舗、スマホの電波でPCをロックできるソフトを出荷


掲載日:2015/05/26


News

 有限会社電机本舗は、スマホの電波でPCの離席管理を行なえるセキュリティソフト「PeopleLogOn」の新版「Ver2」DVDパッケージ版の出荷をアマゾンで開始した。また、ダウンロード版は5月29日(予定)にベクターで出荷を開始する。

 「PeopleLogOn」は、スマホが発するWi-Fi電波の強弱で近接状態を調べて施錠する“iWビーコン”(information Wireless/Wi-Fi Beacon)を装備し、ワイヤレスなセキュリティを提供する。離席管理は“iWビーコン”を使用したスマホを活用した方法に加え、Suica/PASMO/nanacoなどのFeliCaカード、USBメモリを活用した3つの方法を組み合わせて使用できる。

 今回の新版は、3つの形態で提供され、製品版、1週間製品として使える試用版、ライト版が用意されている。ライト版は、コンシューマ用途に機能を絞り込んだ版で、PCをロックする鍵を1つとオートロックに制限を掛けた版で永続的に使用でき、Wi-Fi機器メーカ/PCメーカ/スマートフォンメーカ/販社を対象にしていて、非排他提供は無償、排他提供は有償。

 “iWビーコン”は、Wi-Fiテザリング機能を備えたスマートフォンやモバイルWi-Fiルーターが出す電波をビーコン(位置を特定するための信号)として認識する機能で、Wi-Fi電波の強弱を測定し、近接信管として利用して離席管理する。PCの利用者がPCからの離席を電波の強さで認識してオートロックをかけ、PCに近づくと自動的にロックを解除する。

 無指向性アンテナを使用した場合も、電波の到達距離は楕円形になり、角度/方向で飛距離が変わる、という電波の特性を使いこなすため、電波の強さをdBm(単位)で測定し、1dbm単位できめ細かい電波の強弱を識別し、離席管理を行なう。

 Windowsの標準的なログオン画面を利用した離籍管理を採用している。開錠時にはWi-Fi/FeliCa/USBメモリを利用して自動的にログオンする。施錠はオートロックと手動が提供され、オートロックではWi-Fi/FeliCa/USBメモリが認識から外れると自動的にロックがかかり、ログオン画面になる。

 なお、3ライセンス版の価格は5999円。


出荷日・発売日 −−−
価格 3ライセンス版:5999円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

接続先ネットワークの制限/デバイスの利用禁止 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 Webシステム ファイル持ち出し防止 「ファイルプロテクト for IIS」 【ハイパーギア】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
デバイスやWi-Fiの利用を制限し、エンドポイントからの情報漏洩を防止。
スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限。
Wi-Fi制御、VPN利用の強制機能も搭載。
Windows Server OSでIISを利用したWebシステムに連携。ファイルはそのままでユーザがファイルを参照するタイミングに持ち出し禁止や印刷禁止のPDFをオンデマンド生成する。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20062007


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ