グレープシティ、入力支援/画面UIコントロールセットの新版発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


グレープシティ、入力支援/画面UIコントロールセットの新版発売


掲載日:2015/05/25


News

 グレープシティ株式会社は、Windowsフォーム業務アプリケーションの画面開発を支援する入力支援コントロールセット「InputMan for Windows Forms 8.0J」と、画面UIコントロールセット「PlusPak for Windows Forms 8.0J」を5月27日に発売する。

 両製品では、タッチデバイスや高解像度ディスプレイへの対応が強化され、入力や画面操作を向上させる各種新機能が提供される。Windows 10にも対応する予定。

 「InputMan for Windows Forms」は、入力インターフェース構築を支援するコンポーネント。「8.0J」では、タッチキーボードの代替になる小型のソフトキーボードがコンポーネント化して提供されるほか、タッチデバイスでの日付や時刻入力操作がよりスムーズになるドロップダウン日付時刻ピッカーが追加される。マスク書式を設定できるマスクコンボコントロールも提供される。また、「SPREAD」などのコンポーネント併用時の連携が強化されている。

 「PlusPak for Windows Forms」は、業務システムに求められる機能の装備を支援する.NET Frameworkコンポーネントセット。「8.0J」では、タブやラベルのデザイン性が向上しているほか、タッチデバイスでの操作をスムーズにする大きなボタンを持つタッチツールバーが採用されている。UIコントロールの機能強化も行なわれ、チェックボックスとラジオボタンでは、クリックまたはタッチ可能な場所と範囲を容易に識別できるUI開発を行なえるほか、バルーンチップコンポーネントに独自に作成した画像をアイコンとして表示できるカスタムアイコンを搭載している。

 なお、1開発ライセンスの価格は、「InputMan for Windows Forms 8.0J」が12万9600円、「PlusPak for Windows Forms 8.0J」が8万6400円(いずれも税込)。


出荷日・発売日 2015年5月27日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

Web Performer 【キヤノンITソリューションズ】 防災無線からロボットまで、人間のように話せる音声合成技術の活用法 【エーアイ】 超高速開発ツール「Web Performer」 【サンテック】 感情表現にも対応、テキスト入力だけで自然に話す「音声合成ソフト」 【エーアイ】 ALMソリューション 【キヤノンITソリューションズ】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
ノンプログラミングでJavaのWeb アプリを100%自動生成する、マルチブラウザ対応超高速開発ツール。コーディングの自動化とそれによる品質の均一化により開発期間短縮可能 防災無線からロボットまで、人間のように話せる音声合成技術の活用法 ノンプログラミングでWebアプリケーションを自動生成するマルチブラウザ対応の超高速開発ツール。Javaの知識不要で、基本設計情報を定義するだけでシステムを開発できる。 感情表現にも対応、テキスト入力だけで自然に話す「音声合成ソフト」 要件管理から構成・変更管理、テスト管理、プロジェクト管理まで、アプリケーション・ライフサイクルを総合的にサポートするソリューション。(ALMソリューション)

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061971


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ