採用:エキサイト、リンクのコールセンターシステムを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:エキサイト、リンクのコールセンターシステムを導入


掲載日:2015/05/21


News

 株式会社リンクは、クラウド型PBX/CTI・コールセンターシステム「BIZTEL」が、エキサイト株式会社のビジネスフォンシステムならびにコンタクトセンターシステムとして導入されたことを発表した。

 「BIZTEL」は、インターネットとPCでコンタクトセンターが構築できる「BIZTEL コールセンター」や、スマートフォン・PHSの内線化が手軽に行なえる「BIZTEL モバイル」などのラインアップが特長のクラウド型テレフォニーサービス。

 エキサイトは、ポータルサイト運営を行なう企業。同社では、ビジネスフォン(内線)システムとしてオンプレミス型のPBX、運営しているサービスの問い合わせ受付システムとして、SaaS型のコールセンター向けPBXサービスを利用していたという。

 ビジネスフォンのPBXは、耐用年数を過ぎ老朽化していて見直しを検討する必要があったとして、同社内の情報システムを統括する部門と総務部門で、リプレイスの共同プロジェクトをスタートしたと述べている。

 現行PBXの後継システムへの変更を含め、5〜6種類ほどのプランを6ヵ月かけて検討した結果、ビジネスフォンもコールセンターも「BIZTEL」に統一するプランを選択したと伝えている。

 クラウド型はメンテナンスフリーで導入後の保守費用などランニングコストの削減が見込めるため、3〜5年後の総コストで比較すると費用を抑えられると試算したほか、スマートフォンとの連係など今後の機能拡張が期待できるサービスであることも採用の決め手となったと述べている。

 導入後のメリットとしては、従来は席替えのたびに業者による内線工事が必要となり、都度、数万〜数十万円の費用がかかっていたが、呼量や放棄呼数を把握できるレポート機能の活用によって、通常業務を続けながら人の配置やIVRの設定変更を行なえるため、状況に即応する柔軟性を備えることが可能となったとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「コールセンター/CTI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コールセンター/CTI」関連情報をランダムに表示しています。

「コールセンター/CTI」関連の製品

NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】 次世代クラウドサービス PureCloud 【インタラクティブ・インテリジェンス】
コールセンター/CTI コールセンター/CTI
Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。 コラボレーション、コミュニケーション、顧客エンゲージメント向けクラウドサービスをオールインワンで提供。高い拡張性・信頼性・セキュリティのもとで利用できる。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061924


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ