NEC、ストレージ製品がBest of Interop 2015を受賞

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、ストレージ製品がBest of Interop 2015を受賞


掲載日:2015/05/19


News

 日本電気株式会社(NEC)は、Interop Las Vegas 2015で、同社のストレージ製品「HYDRAstor HS8-4000」(日本製品名:iStorage HS8-40)がストレージ部門でBest of Interop 2015を受賞したと発表した。

 Best of Interop 2015では、各分野への技術的影響力と、ビジネステクノロジ進化への貢献性を併せ持つ製品が、9つの製品技術分野別に選出されるという。

 今回受賞したストレージ製品「HYDRAstor HS8-4000」(iStorage HS8-40)は、システムを止めずに、ノードの柔軟な増設を可能とするスケールアウト・ストレージで、重複排除機能によるデータ圧縮性、分散冗長配置技術による信頼性を有している。また、性能最適化オプションにより基本性能比で最大6倍の処理性能向上が可能となり、基幹システムやビッグデータなどのデータの高速格納・長期保管が求められているシステムに適していると伝えている。



関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IoTのハードルを飛び越えるには企画〜開発までどう進めるべきか 【ソフトバンク】 次世代データセンターの能力を決める6つの要件とは 【ネットアップ】 5つの原則に見る、次世代データセンターの姿とは 【ネットアップ】 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 【駅探】 事例で検証! Office 365 はコミュニケーション活性化の切り札か 【大塚商会/日本マイクロソフト】
無線LAN データセンター運用 データセンター運用 その他開発関連 グループウェア
IoTのハードルを飛び越えるために、企画から開発までどう進めるべきか? 6つの要件から理解するストレージのQoS、次世代データセンターの能力を決める鍵 5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 事例/ Office 365で変えていく。社内コミュニケーションの質と量
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061879



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ