パラゴン、Windowsタブレット専用バックアップツールを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パラゴン、Windowsタブレット専用バックアップツールを発売


掲載日:2015/05/19


News

 パラゴン ソフトウェア株式会社は、Windowsタブレットに最適化したバックアップソフト「Paragon Drive Backup for Tablet(DBTablet)」を発売した。

 「DBTablet」は、「Paragon Drive Backup 14 Professional」をベースに、Windowsタブレットのバックアップ/リカバリ専用に開発された製品。Core i/Atomの両プロセッサに対応(ARMのRISC CPUには非対応)し、Windowsタブレットのハードディスク/パーティションを丸ごとバックアップできる。

 バックアップ先は、CD/DVD/BDなどの光学ドライブや、USBメモリ、USB-HDD、SDカードなどの外付けストレージ、Windowsからアクセス可能なネットワーク共有ドライブ、GoogleドライブやDropboxなどのクラウドストレージに対応している。

 販売は法人に限定され、ボリュームライセンスやVARライセンス、年間ライセンスなどの様々なライセンスが用意されている。カスタマイズの要望にも対応していて、企業で展開するサービスを組み込んだマスタイメージのバックアップ/リカバリや、キッティング、販売店向けの保守サービスへの利用などにも対応できる。

 Windows 8のようなインターフェースになっていることに加え、ランチャーとウィザードを使った分かりやすい操作性を備えている。リカバリメディアの作成機能を持っているほか、HDD内の専用領域(バックアップカプセル)にバックアップすることもできる。専用メディアで起動させるリカバリの自動化も可能になっている。


出荷日・発売日 2015年5月12日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

高速バックアップ/リカバリ 「System Recovery」 【ベリタステクノロジーズ】 Office 365のバックアップに対応「Acronis Backup 12 Update3」 【アクロニス・ジャパン】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】 データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋 【ベル・データ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
サーバ、ノートPC、仮想マシンに対応する「高速バックアップ/リカバリソリューション」。Windows Server 2016、SQL 2016など、Microsoft社の最新製品にも対応。 クラウドベンダーがメールのバックアップも…その過信が招く危険 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。 データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061871


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ