ネットスプリング、アルカテル等と共同でネットワーク動作検証

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネットスプリング、アルカテル等と共同でネットワーク動作検証


掲載日:2015/05/18


News

 株式会社ネットスプリングは、同社と日本アルカテル・ルーセント株式会社エンタープライズ事業部(アルカテル)及び株式会社アクシオが、アルカテルのネットワークスイッチ製品である「OmniSwitch」シリーズ及び「OmniAccess Wireless」シリーズ、ポリシーサーバ「ClearPass」と、ネットスプリングの認証サーバ・アプライアンス「AXIOLE」とのネットワーク認証動作検証を行ない、正常に連携可能であることを確認したと発表した。

 「AXIOLE」は、LDAPベースの認証基盤を1uのアプライアンス形態で提供する認証サーバ・アプライアンス。スキーマ属性などのDB設計が不要で、RADIUSプロトコル(eduroam機能)にも対応するほか、Active DirectoryとのID同期や同製品2台による冗長構成が可能となっている。また、日本語WebUIベースの管理システム及びエンドユーザ向け機能(日英)を提供している。

 ネットスプリング、アルカテル、アクシオの3社は、多様化するデバイスやユーザに合わせ、情報システム部門はいくつかの認証方式を併用する必要性があるとして、様々な認証ネットワークの動作検証を実施し、相互接続性を明確にすることにしたと伝えている。

 今回の動作試験では、「AXIOLE」と有線LANスイッチの「OmniSwitch」シリーズ及び無線LANの「OmniAccess Wireless」シリーズの組み合わせにおいて、接続された端末を自動識別し、個々に対応する認証方式(IEEE802.1x、MAC、Web、Rules)を提供して、多様な認証方式で動作可能であることを確認したほか、デバイス(MAC)認証+ユーザ認証の組み合わせなど多段型の認証においても連携し動作することを確認したと述べている。

 また、「AXIOLE」のRadiusProxy機能を利用することで、異なる所属機関へのRadiusサーバへの転送を実施し、複数の認証サーバが構成されている環境でも認証連携できること、また、eduroamでも利用できることを確認したと伝えている。

 更に、学術認証フェデレーション“学認”のテストフェデレーションでShibbolethによる無線LANサービスのシングルサインオン検証を実施した結果、「AXIOLE」が持つIdP機能と「ClearPass」のSP機能を組み合わせ、無線ネットワーク認証からの学認サービスへのスムーズなシングルサインオン接続が可能だとしている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

企業が陥るSAP基盤運用の落とし穴、見えてきた最適な解決策とは 【NTTコミュニケーションズ】 単なるセキュリティ監視ではない MSSを選ぶための10のポイント 【SecureWorks Japan】 良い人材を採るチャンスを増やす、求人管理システムで採用を強化 【Donuts】 勤怠・シフトを一元管理、多機能ツールでコストを一気に削減 【Donuts】 ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection 【日立ソリューションズ】
運用系業務アウトソーシング セキュリティ診断 人事管理システム 勤怠管理システム 暗号化
企業が陥る“SAP基盤運用の落とし穴”、見えてきた最適な解決策とは 単なるセキュリティ監視ではない――「MSS」を選ぶための10のポイント 「良い人材を採る」チャンスを増やす、求人管理システムで採用活動を強化 勤怠・シフトを一元管理、多機能ツールでコストの無駄を一気に削減 ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。
流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061851



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ