Force Media、QNAPのラックマウントNASにエントリーモデルを追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Force Media、QNAPのラックマウントNASにエントリーモデルを追加


掲載日:2015/05/18


News

 株式会社フォースメディア(Force Media)は、台湾QNAP社のNAS「TurboNAS」シリーズで、ラックマウントタイプのエントリーモデル「TS-431U」の出荷を5月下旬に開始する。

 「TS-431U」は、CPUにFreescaleのデュアルコアARM Cortex-A9 1.2GHzプロセッサ、メモリはDDR3 RAM 1GBを搭載し、2ポートのGigabit Ethernetポートを備えている。4つのドライブベイに8TBのHDDを搭載することで最大32TBの容量を構成できる。

 従来機種に比べ処理性能を向上しながら、消費電力は削減されている。CPUに暗号化エンジンを内蔵していて、セキュリティに高度な暗号化を用いても、パフォーマンスを損なわずに利用できる。

 様々なサーバー機能に対応していて、AppCenterアプリで機能を追加できる。各社クラウドストレージサービスとの連携や、パーソナルクラウドストレージとしての利用も可能。

 なお、フォースメディアは、HDDとNASの互換性を保証した「HDD搭載モデル」を各機種ごとに用意している。同社独自の先出しセンドバック保守(1〜5年)も提供している。


出荷日・発売日 2015年5月下旬 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

オールフラッシュ導入事例:多数のVMを高速稼働できる理由 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュストレージが、コスト削減にも効く意外な理由 【日本アイ・ビー・エム】 IoT活用を見据えた、SSDを超えるオールフラッシュ基盤の選び方 【日本アイ・ビー・エム】 ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】 10ベイ NASサーバ AS7010T 【シー・エフ・デー販売】
NAS NAS NAS NAS NAS
オールフラッシュ導入事例:スマートバリューが多数のVMを高速稼働できる理由 オールフラッシュストレージが、基幹系システムのコスト削減にも効く意外な理由 IoT活用を見据えた、“SSDを超える”オールフラッシュ基盤の選び方 フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。 大容量で高い性能でありながら、非常にコンパクトなサイズで低価格であるため、大企業のみならず中堅・中小レベルでも導入しやすいNAS。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061846


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ