キヤノン、大量出力向けA3カラーレーザープリンター等3機種発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノン、大量出力向けA3カラーレーザープリンター等3機種発売


掲載日:2015/05/15


News

 キヤノンは、大量出力業務向けのA3対応カラーレーザープリンター「Satera LBP9950Ci/LBP9900Ci」を5月15日に、オフィス市場向けのA3対応モノクロレーザープリンター「Satera LBP8100」を5月21日に発売する。

 今回発売されるカラーレーザープリンターのA4片面印刷の速度は、「LBP9950Ci」がカラー毎分51枚/モノクロ毎分55枚、「LBP9900Ci」がカラー毎分45枚/モノクロ毎分50枚で、両面印刷時も「LBP9950Ci」はカラー毎分51ページ、「LBP9900Ci」はカラー毎分45ページで印刷できる。また、“オンデマンド定着方式”により、A4片面印刷の場合でファーストプリントタイムがカラー約7秒/モノクロ約4.9秒に短縮されている。

 A4普通紙に片面印刷した場合で200万枚の高耐久設計となっているほか、大量印刷に対応する大容量トナー/ドラムユニットを採用することで、A4片面カラー8.8円/モノクロ2円と低ランニングコストで、交換回数の低減も図られている。また、8.4インチカラー液晶タッチパネルを採用し、視認性/操作性の向上が図られていて、認証印刷(オプション)や印刷ジョブの確認などに対応しているほか、チルト式パネルの採用により、設置場所や利用者の目線に合わせて液晶パネルの角度を調整できる。

 本体幅は約620mmと、高速/大量出力向けのA3対応モデルながら省スペース設計で、プリンターが稼働していないスリープ時に消費電力を0.8Wに抑える省エネルギー化も図られている。給紙は標準で1460枚、オプションの2段カセットペディスタルを装着することで最大2820枚に対応できるほか、オプションの長尺給紙ユニットと長尺排紙ユニット(いずれも8月発売予定)を装着することで、手差しトレイから最大1200mmの長尺紙に印刷できる。

 「LBP8100」は、プリンターが稼働していないスリープ時の消費電力が0.7Wに抑えられているほか、TEC値で1.6kWhの低消費電力となっている。印刷速度はA4片面で毎分30枚で、オプションの両面ユニット“DU-D1”を装着することで毎分26.7ページで両面印刷ができる。また、スリープモードからの復帰時間やファーストプリントタイムも向上している。給紙は標準で350枚で、オプションのカセットを3段装着することで最大2000枚の給紙ができる。

 価格は、「LBP9950Ci」が46万8000円、「LBP9900Ci」が31万8000円、「LBP8100」がオープン価格。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061821


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ