ネットワールド、インフラ構成自動化ツールを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネットワールド、インフラ構成自動化ツールを発売


掲載日:2015/05/14


News

 株式会社ネットワールドは、米Puppet Labsが開発/提供するインフラ構成自動化ツール「Puppet Enterprise」(サポート付商用版)を発売した。

 「Puppet Enterprise」は、ITインフラの設定や更新などの構成管理を定義ファイルに基づいて自動化するソフトウェアで、SDDC(Software-Defined Data Center)のサーバーやネットワークの展開を容易にするための自動化ソリューションを提供する。

 OSの設定と更新、ミドルウェアやアプリケーションの導入/設定/更新を自動化でき、サーバーやスイッチの台数が増加した場合も、記述したコードを対象のサーバーやスイッチに適用することで、システムの導入や拡張にかかる時間の短縮を図れる。また、複数台のサーバーやスイッチの設定を一括で行なえ、自動化されたインフラを容易に構築でき、数十台、数百台のサーバーやスイッチを設定する作業工数の削減を図れる。

 システムの環境やサーバー/スイッチの台数を問わず、対象のサーバーやスイッチに設定を反映でき、インフラ構成自体をコードで管理することで、コード自体が新しい手順書になる。また、クライアント/サーバー構成を利用でき、サーバーやスイッチの状態を定義したファイル“マニフェスト”が変更されていた場合には、自動的に設定が変更されるため、サーバーやスイッチを交換した場合でも容易に再設定できるほか、サーバーからクライアントに通知してマニフェストを実行させることもできる。

 手順がコードで表現されているため、同ツールを導入したほかのシステムの構築/運用にもコードを流用できる。同じようなシステムを構築する場合、既存のコードをカスタマイズすることで、システムの状態を定義でき、同ツールで構築/運用できる。これらにより、人がサーバーやスイッチを設定する場合に発生する作業漏れ、人為的なミス、作業者のスキルのばらつき、手順書の更新忘れなどの問題に対処でき、構築/運用工数の削減、構築のやり直し、作業時間の短縮、構築/運用ノウハウの共有を図れる。

 OS/ミドルウェア/アプリケーションのカスタムマニフェストを公開することで、同ツールを利用して、様々なベンダのデバイスを設定できる。大手ベンダのサーバーやCisco SystemsのNexusに加え、Arista NetworksやCumulus Networksなどのスイッチの設定自動化をサポートし、サーバーやネットワークの運用/管理負荷の軽減を支援する。


出荷日・発売日 2015年5月13日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

業務アプリがなんだか遅い――ログでは不明な遅延の原因を迅速に特定するには? 【ソーラーウインズ・ジャパン】 “攻め”のデータ保護、リソースの無駄を見つけて仮想環境の真価を引き出すには 【Veeam Software japan】 オンプレミスのITリソースも最適化、新たな「ハイブリッドインフラ」の形とは? 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 あと3年もないWindows 7サポート終了、Windows 10移行時の課題とは? 【ヴイエムウェア株式会社】 レガシー脱却の選択肢と次の一手:成否を分けるポイントとは? 【日本アイ・ビー・エム】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
業務アプリがなんだか遅い――ログでは不明な遅延の原因を迅速に特定するには? 仮想化によるサーバ集約率が高い環境で、バックアップ処理の負荷が性能を損ねてしまうのはもったいない。トラブルを未然に防ぐ「攻めのデータ保護」はできないだろうか。 オンプレミスのITリソースも最適化、新たな「ハイブリッドインフラ」の形とは? あと3年もないWindows 7サポート終了、Windows 10移行時の課題とは? レガシー脱却の選択肢と次の一手:成否を分けるポイントとは?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061802


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ