クォーレスト、SOHOサーバなど向けデスクトップシステムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クォーレスト、SOHOサーバなど向けデスクトップシステムを発売


掲載日:2015/05/12


News

 株式会社クォーレストは、SoC(System-on-a-Chip)構成のCPU Xeon D-1540を搭載し、4基のホットスワップ対応リムーバブルベイを備えた、高性能・低価格のSOHOサーバやネットワーク・アパレイタス向けデスクトップシステム「Qualest Parva-500」シリーズを発売した。

 「Parva-500」シリーズでは、第4/新第4世代Core i3/i5/i7シリーズCPU、またはXeon E3-1200 v3シリーズCPUを搭載できる「Parva-500Aモデル」と、SoC構成のXeon D-1500ファミリーCPUを搭載した「Parva-500Bモデル」、デュアル10Gbase-Tポートを装備した「Parva-500Cモデル」がラインアップされている。いずれも4基のホットスワップ対応3.5インチ・リムーバブルベイと、OS起動用ドライブを収納できる2基の2.5インチ固定ドライブベイを装備している。

 LP規格の16レーンPCI Express 3.0バス1本を利用でき、6Gbps SAS/SATA RAIDコントローラを増設することで、高速・高信頼SASドライブの使用や、RAID構成ディスクのホットスワップ化、データのバッテリ・バックアップなど、より充実したデータ保護環境を導入でき、SOHO小規模サーバや高性能ネットワーク・アパレイタスとして利用できる。

 「Bモデル」「Cモデル」に搭載されているXeon D-1500ファミリーCPUは、I/Oハブ機能がCPUに統合されている。2.0GHzから2.6GHzで動作し、TDPは最大45Wに抑えられているため、冷却が容易で静音性に優れたシステムを構築できる。また、デュアルチャンネルのメモリ・コントローラを備え、最大128GBのECC Registered DIMMまたは64GBのECC/non-ECC Un-Buffered DIMMを装備できる。

 「Aモデル」「Bモデル」はデュアルGbEポートを装備し、「Cモデル」はデュアルGbEポートに加え、デュアル10GBase-Tポートを装備している。また、仮想化ソフトウェアをサポートし、仮想化環境にも対応できる。

 全モデルがIPMI 2.0機能をサポートし、Webブラウザからシステムの起動や停止に加え、システムの主要コンポーネントの温度や電圧のモニタリング、ディスクの動作状態などをチェックできる。また、最大82%のエネルギー変換効率を達成し、電力消費を低減できる250W 80Plusブロンズ規格高効率電源を搭載している。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他サーバー関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他サーバー関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他サーバー関連」関連の製品

監視・ログ管理サーバ GAZERシリーズ 【インフィニコ】 物理サーバの導入に関するアンケート 【ユニアデックス】
その他サーバー関連 その他サーバー関連
記憶装置にフラッシュメモリを使用しディスクレス、ファンレスのスピンドルレス設計で安心の監視・ログ管理サーバ。故障機器を自動認識する「FaultLocator機能」搭載。 抽選で5名様に5000円分商品券★「物理サーバ」関連のアンケート

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061756


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバー関連 > その他サーバー関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ