SBT、公開アドレスへの標的型攻撃を検知・隔離するサービス提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SBT、公開アドレスへの標的型攻撃を検知・隔離するサービス提供


掲載日:2015/05/12


News

 ソフトバンク・テクノロジー株式会社(SBT)は、外部へ公開しているメールアドレスへの標的型メール攻撃を検知・隔離するクラウド型サービス「Public opened Email Protection(PEP)」の提供を開始する。

 「PEP」では、対象となる任意のメールアドレスに対して、サンドボックスを利用して標的型メール攻撃を検知する。標的型攻撃メールと判定した場合は該当メールを自動隔離し、安全なメールのみをメールボックスに届ける。

 同社のセキュリティ専門のエンジニアによる運用サービスが含まれるため、ユーザは手間や負担をかけずに、公開メールアドレスのセキュリティを強化できる。また、クラウド型で1アドレス単位で利用可能なため、要件に合わせて手軽に導入できる。

 オプションで、公開アドレス追加/担当者個人メール保護/月次レポート/アラート解析が用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「メールセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

ActSecureクラウドメールセキュリティサービス 【NEC】 CLEARSWIFT SECURE Email Gateway 【日立ソリューションズ】 アンチスパムソリューション「Active! hunter」 【クオリティア】 クラウド型メール誤送信対策サービス「Active! gate SS」 【クオリティア】 標的型攻撃入口対策ソフト 「CipherCraft/Mail 標的型メール対策」 【エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
標的型メール攻撃対策やメール誤送信対策、事後調査や監査対応などに有効なメールアーカイブ機能などのセキュリティ対策をクラウド(SaaS型)で提供。最短7日で導入可能。 送信メールの本文や添付ファイルの内容から機密情報の有無をチェック。
ウイルス、スパム、暗号化といったメールセキュリティに関する機能もまとめて提供。
コラボレーション型「CLOUDMARK」、学習型「SVM」の強力なツインエンジンを搭載したアンチスパムソリューション。アプライアンスタイプも提供。 クラウド型メール誤送信対策サービス
◎7つのアプローチを網羅し本格的な対策を実現
◎短期間で簡単に導入可能
◎サーバ構成に依存せず、Google Apps、Office 365にも対応
受信メールに紛れ込む不審なメールをリアルタイムで検知・隔離し、受信する前に警告を出して注意を促すことで、標的型攻撃を未然に防ぐソフトウェア。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061755


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ