クロス・コミュニケーション、函館市と連携協定を締結

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クロス・コミュニケーション、函館市と連携協定を締結


掲載日:2015/05/12


News

 株式会社クロス・コミュニケーションは、函館市と、同市のIT産業の振興と、IT人材の確保・育成を図ることを目的として、連携協定を締結すると発表した。

 クロス・コミュニケーションは、東京本社の一極集中でアプリケーションやシステム開発によるソリューション提供を行なってきたが、クロス・マーケティンググループ内業務の更なる効率化、新規サービスの拡販などを目的に、北海道函館市に100%出資子会社である、株式会社クロス・プロップワークスを設立した。

 函館市では、IT産業の振興のため、IT人材の確保・育成、また地域のIT企業や関連する団体との連携から、同市の地域経済の発展を支える、地場企業のITの高度利用による競争力強化などにかかわる取り組みを推進しており、双方の方向性と一致したため、連携協定を締結する運びとなったという。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

大容量高速ファイル転送 「活文 Accelerated File Transfer」 【日立ソリューションズ】 “保守期限切れ”でも機能するなら使う――IT機器の延命が好結果を生む理由 【カーバチュア・ジャパン】 「ハイパーコンバージドインフラ」に関するアンケート 【ヴイエムウェア株式会社】 ディープラーニング実装の3つの準備──AIの実現に向けた高速処理基盤の作り方 【日本アイ・ビー・エム】 無線LANを左右するAPコントローラー、オンプレミス型とクラウド型の違いとは? 【エヌ・ティ・ティ・データ・ジェトロニクス】
ファイル転送 IT資産管理 垂直統合型システム データ分析ソリューション 無線LAN
インターネット回線を利用し、海外など遠隔地とGB単位の大容量
データを高速転送できるサービス。パッケージのほか、IoT機器や
システムなどに組み込むSDKとしても提供可能。
“保守期限切れ”でも機能するなら使う――IT機器の延命が好結果を生む理由 Amazonギフト券が当たる「ハイパーコンバージドインフラ」アンケート ディープラーニング実装の3つの準備──AIの実現に向けた高速処理基盤の作り方 無線LANを左右するAPコントローラー、オンプレミス型とクラウド型の違いとは?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061743



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ