富士通、統合型EC製品でレコメンド/サイト分析などのSaaSを提供

IT・IT製品TOP > WEB構築 > EC > ECのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、統合型EC製品でレコメンド/サイト分析などのSaaSを提供


掲載日:2015/05/08


News

 富士通株式会社は、統合型EC(E-Commerce)ソリューション「FUJITSU Business Application SNAPEC」シリーズで、プロモーション/マーケティング機能を拡充し、レコメンド/サイト内検索/メール配信/サイト分析の4つのSaaSサービスの提供を5月末に開始する。

 レコメンドサービス「SNAPEC-FORCE Recommend」は、顧客の購買履歴や閲覧している商品情報を基に、リアルタイムに高精度な商品レコメンドを提供する。顧客ごとにおすすめの商品ページまでスムーズに誘導し、ECサイトでの成約率向上を図る。サイト内検索サービス「SNAPEC-FORCE Search」は、高精度に検索し、結果を素早く表示するなど、使い勝手に優れている。

 メール配信サービス「SNAPEC-FORCE Mail」では、大量のメールを高速に、高い到達性で送り届ける配信エンジンと、使いやすいメール編集ツールを利用できる。サイト分析サービス「SNAPEC-FORCE Analytics」は、ECサイトが陥りがちな典型的な症状を自動判定し、解決に向けた具体的なアドバイスを提供する。

 4サービスの月額費用はそれぞれ、6万9000円から、5万7000円から、5万8000円から、1万5000円。

 現在提供中の、ECサイト運用/プロモーション/マーケティングの3つのサービスを統合した「FUJITSU Business Application SNAPEC-EX」も強化される。オープンソースDB「PostgreSQL」に対応したほか、これまでカスタマイズ対応をしていた店頭受取や定期購買などの機能が標準搭載された。ライセンス使用料の月額払いも可能になった。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「EC」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EC」関連情報をランダムに表示しています。

「EC」関連の製品

クラウド型企業間受注支援サービス WEBPSN/EC 【NEC】 EC事業サポートソリューション Commerce21 Sell-Side Solution 【コマースニジュウイチ】 EC・通販統合ソリューション NeoSarf / DM 【NEC】 E-ASPRO 【東計電算】 カード自動決済パッケージ CAPS 【セイコーソリューションズ】
EC EC EC EC EC
受注処理をWeb上で行えるようにするECサイト構築クラウドサービス。企業ごとの特性に合わせたカスタマイズにも対応する「セミオーダー型」で、低コスト・短期導入が可能。 会員登録、商品展示、注文、バックオフィスの店舗管理、展示構成管理、使用者管理、決済処理、受注から配送指示などを網羅した、EC事業向けトータルソリューション。 EC・通販の業務に必要な機能をワンストップで提供。
市場ニーズの多様化、デバイスの多様化の時代に対応可能な、マルチチャネル・デバイスフリーのソリューション。
通販業務をすべて一元管理。
サイト管理から出荷まで、通販業務を1つのシステムで効率的に管理できるクラウド型フルフィルメント通販ソリューション。
カード自動決済パッケージ CAPSは導入実績800セット以上を誇る、仕向側・被仕向側双方に適用可能なカード決済パッケージ。決済インフラのスムーズな構築、高効率な運用に。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061692


IT・IT製品TOP > WEB構築 > EC > ECのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ