EMC、iSCSI/NFS等でクラウドなどへデータを格納できる製品提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMC、iSCSI/NFS等でクラウドなどへデータを格納できる製品提供


掲載日:2015/05/07


News

 EMCジャパン株式会社(EMC)は、企業のクラウド利用を支援するクラウドゲートウェイ製品「EMC CloudArray(クラウドアレイ)」の提供を開始した。

 「CloudArray」では、iSCSI/NFS/CIFSといった標準的なストレージインターフェースを使用し、Amazon/Google/SoftLayerなどのクラウドサービスや、「EMC Elastic Cloud Storage」、OpenStack Swiftなどのオンプレミスのオブジェクトストレージに簡単にデータを格納できる。

 クラウドを活用することで、普段使われていないデータを保存するためのコストを低減でき、管理を容易にできる。

 柔軟なデータキャッシュ機能を備えているほか、クラウドとのデータ転送の圧縮/暗号化に対応している。

 仮想アプライアンス版とハードウェアアプライアンス版が用意されている。また、5月下旬に発売予定のコンバージドインフラストラクチャ製品「EMC VSPEX BLUE」に、同製品のライセンスがバンドルされる。

 価格は、仮想アプライアンス版(キャッシュ容量上限は3TB)が178万1250円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

普及で見えてきたフラッシュのメリット、導入企業が実感したその効果とは? 【ネットアップ】 高度な物流サービスを支えるストレージ、オールフラッシュ刷新でIOPSが16倍に 【EMCジャパン】 24時間稼働のフラッシュストレージがもたらすビジネスメリットとは? 【ネットアップ】 今さら聞けない「フラッシュストレージ」 基礎知識から活用法まで解説 【ネットアップ】 ストレージ変革の最前線を解説 「NVMe」「NVMe-oF」「SCM」で何が変わるのか? 【ネットアップ】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
普及で見えてきたフラッシュのメリット、導入企業が実感したその効果とは? 高度な物流サービスを支えるストレージ、オールフラッシュ刷新でIOPSが16倍に 24時間稼働のフラッシュストレージがもたらすビジネスメリットとは? 今さら聞けない「フラッシュストレージ」 基礎知識から活用法まで解説 ストレージ変革の最前線を解説 「NVMe」「NVMe-oF」「SCM」で何が変わるのか?

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061652


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ