Kovec、Web集客/社内情報共有対応のカタログビューアをリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Kovec、Web集客/社内情報共有対応のカタログビューアをリリース


掲載日:2015/05/01


News

 株式会社コベック(Kovec)は、様々な媒体をクラウド上で簡単にデジタル化しWeb集客や社内情報共有に利用できる、企業向け電子カタログビューア「Wisebook CloudViewer」をリリースした。

 「Wisebook CloudViewer」は、様々な媒体のデータをリッチコンテンツ化しマルチデバイス環境で利用できる「Wisebook Cloud OpenViewer」の後継版。カタログ・チラシ・提案書・営業資料・広報誌などをクラウド上で電子化して、一般に公開したり、アクセス権を有するユーザに限定配信したりできる。

 ブラウザや専用ビューアアプリを利用して様々なデバイスでコンテンツを閲覧できる。オンライン/オフライン問わず利用できる。

 「Wisebook CloudViewer」にコンテンツを掲載するためには、アプリ作成・配信サービス「Wisebook Cloud」に申し込む必要があり、同サービスの契約者がコンテンツ提供者になる。一般公開する場合は、コンテンツ配信による集客・広報・宣伝活動に利用できる。

 管理画面では、ユーザID管理機能が標準で提供され、社員または取引先のユーザへのID発行やアクセス権付与が可能なため、限定配信も行なえる。例えば、タブレットPCを使って、社内情報共有や営業ツールとして利用することもできる。

 セキュリティについては、IPアドレス制限・SSL通信・アカウントロック・コンテンツ保護(DRM)・外部からの侵入検知・脆弱性対策などの脅威への対策を講じているほか、低障害設計を採用して運用している。

 「Wisebook Cloud 4.0 トライブリッドプラン」の場合、HDD容量は1GB、ページ数は無制限で、価格は、初期費用が5万円、月額費用が5000円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

デジタルトランスフォーメーションの成功にAdobe Document Cloud 【アドビ システムズ 株式会社】 文書管理システム「活文 Contents Lifecycle Manager」 【日立ソリューションズ】 エンタープライズコンテンツ管理(ECM) OnBase 【Hyland Software】 文書管理ソリューション 「MyQuick」 【インフォコム】 “デジタルトランスフォーメーション”を実践する方法 【アドビ システムズ 株式会社】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
紙の削減だけがペーパーレス化? 視点を変えたら見違えた 文書の作成、閲覧、保存、廃棄など、文書のライフサイクル全般の作業をパソコンで操作でき、ネットワーク経由でのやり取りを可能にすることで、業務を効率化する。 紙文書を含む多様なコンテンツの統合管理/情報活用/ワークフロー化/業務システム連携などを容易に実現するエンタープライズコンテンツマネジメント(ECM)ソリューション。 企業内のドキュメント情報を一元集約化し、いつでもどこでも必要な文書の検索を可能にするドキュメント管理システム。ファイル暗号化により、情報漏洩対策も万全。 実は中途半端なデジタル化 プロセスに依存する紙の呪縛から解放できる?

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061639


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ