デジタルアーツ、メール誤送信対策製品をWebメールに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デジタルアーツ、メール誤送信対策製品をWebメールに対応


掲載日:2015/05/01


News

 デジタルアーツ株式会社は、企業/官公庁向けのクライアント型メール誤送信対策ソリューション「m-FILTER MailAdviser」で、Webブラウザ利用時のメール誤送信防止に対応した「Webメール版」の提供を5月中旬に開始する。

 「m-FILTER MailAdviser」では、メール送信者自身による誤送信チェックを支援し、従業員の誤送信防止意識の向上を図れる。Outlookなどのメーラーに対応した「メーラー版」に加え、今回提供されるクライアント型ソフトウェア「Webメール版」では、Office 365やGmailにも対応する。

 メール送信ボタンを押した直後に見やすいポップアップ画面が起動され、その場でメールの宛先や本文、添付ファイル内容などに間違いがないかのチェック作業を促せる。

 「m-FILTER MailAdviser」は、PC単体で動作するため、導入時に既存のネットワークやシステムの設定/変更が不要で、従業員のPCにインストールすれば利用できる。また、管理者用GUIツールを利用することで、誤送信防止ルールを部門ごとに一括で作成/変更できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メールセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

CLEARSWIFT SECURE Email Gateway 【日立ソリューションズ】 「未知の脅威」への次の一手。侵入を前提とした対策、EDR 【トレンドマイクロ】 入口を突破する標的型攻撃、脅威侵入を前提とした効果的な対策基盤の確立方法 【マカフィー】 身代金要求型から破壊活動型へ、進化するランサムウェアへの効率的な対策 【マカフィー】 脅威の侵入口となりやすいエンドポイント、その保護に機械学習が必要な理由 【マカフィー】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
送信メールの本文や添付ファイルの内容から機密情報の有無をチェック。
ウイルス、スパム、暗号化といったメールセキュリティに関する機能もまとめて提供。
「未知の脅威」への次の一手。侵入を前提とした対策、EDR 入口を突破する標的型攻撃、脅威侵入を前提とした効果的な対策基盤の確立方法 身代金要求型から破壊活動型へ、進化するランサムウェアへの効率的な対策 脅威の侵入口となりやすいエンドポイント、その保護に機械学習が必要な理由

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061637


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ