富士通など、聴覚障がい者参加型コミュニケーションツールを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通など、聴覚障がい者参加型コミュニケーションツールを発売


掲載日:2015/05/01


News

 富士通株式会社と株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は、聴覚障がい者参加型コミュニケーションツール「FUJITSU Software LiveTalk」を、企業や学校向けに5月中旬に発売する。

 「LiveTalk」は、会議や授業など複数人が情報を共有する場で、ハンドマイクやヘッドセットマイクを通して発話者の発言を音声認識し、テキストに自動変換して複数のPC画面に表示するソフトウェア。複数人が同時に発言した場合も、テキスト化を並行処理しながら同時に表示するため、話の流れを正確に把握できる。また、テキスト化された発言内容に誤りがあれば、その発言をPCから修正することも可能。

 同一の無線LANルータ環境で接続されたすべてのPCに対してテキストをリアルタイムに転送できるほか、タブレット端末でも利用できる。また、発言手段としては、キーボード入力のほかに、直感的に意思を表示できるスタンプ入力や、使用頻度の高い文章を登録して発言する定型文入力機能も備えている。

 なお価格は、1セット(5ライセンス)20万円、追加1ライセンスが5万円。


出荷日・発売日 2015年5月中旬 発売
価格 −−−

関連キーワード

「富士通」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他情報共有システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報共有システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他情報共有システム関連」関連の製品

更改迫る「J-ALERT」受信機、後継機種への移行をスムーズに行うための方法は? 【センチュリー・システムズ】 Web社内報 企画・編集サービス(クオリア) 【ウインズ】 インカムシステム 【NTTテクノクロス】 根強い「Microsoft Office」の人気、情報共有ツールのクラウド活用は進むのか 【アイティメディア株式会社】 「デジタル化/ペーパーレス化」意識調査で見えた、消費者ニーズと経営層の課題 【ドキュサイン・ジャパン】
その他情報共有システム関連 その他情報共有システム関連 その他情報共有システム関連 その他情報共有システム関連 その他情報共有システム関連
更改迫る「J-ALERT」受信機、後継機種への移行をスムーズに行うための方法は? モバイルメディアの特徴を生かし、動画・音声・アニメーションなどを活用した社内報を企画・取材・編集して提供するサービス。 IPベースのインカムシステムで、スムーズな情報共有を実現するリアルタイムコミュニケーションツール。 根強い「Microsoft Office」の人気、情報共有ツールのクラウド活用は進むのか 「デジタル化/ペーパーレス化」意識調査で見えた、消費者ニーズと経営層の課題

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061632


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > その他情報共有システム関連 > その他情報共有システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ