クォーレスト、2uサイズの12G SAS/SATA JBODストレージを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クォーレスト、2uサイズの12G SAS/SATA JBODストレージを発売


掲載日:2015/04/30


News

 株式会社クォーレストは、12Gbps 2uラックマウントSAS/SATA接続JBODストレージ・システム「Qualest J21012SAR/J21024SAR」シリーズを5月に発売する。

 「Qualest J21012SAR/J21024SAR」シリーズは、12Gbps SAS 3/6Gbps SAS 2/6Gbps SATA 3規格のHDD/SSDを搭載できる。「Qualest J21012SAR」シリーズは、12基の3.5インチ・ホットスワップ・ドライブベイを装備し、1万5000回転までの3.5インチHDDを装備でき、「Qualest J21024SAR」シリーズは、24基の2.5インチ・ホットスワップ・ドライブベイを装備し、1万5000回転までの2.5インチHDDまたはSSDを装備できる。

 両シリーズとも、ドライブ・バックプレーン上にLSI社製チップを採用した12Gbps SAS3エキスパンダーを搭載し、ドライブベイにマウントされるドライブは、同エキスパンダーを通してリアパネル上の12Gbps Mini-SAS HDデータ入力ポートに接続される。シングルホスト対応の「E1」モデルは1系統の、デュアルホスト対応の「E2」モデルは2系統のエキスパンダーを搭載している。また、「E2」モデルは、SASディスクを使用した場合、データ経路を2重化でき、フェイル・オーバー機能を備えたストレージ・システムを構築できる(SATAディスクは非対応)。

 同エキスパンダーは、リアパネル上の12Gbps Mini-SAS HD拡張用ポートにも接続されていて、複数台のJBODストレージ・システムをカスケード接続で追加することで、データ量の増大に対応できる。同ポートは、システムの運用状況に応じて、2ポートまで増設できる。

 装着されているドライブやシステム冷却ファン、電源ユニットの動作状態は、I2Cバスでモニタリングされていて、障害発生時はアラームやLED表示で通知される。また、IPMI機能を備え、リアパネルのLANポートからシステムの起動・停止を行なえるほか、冷却ファンの回転数や各ドライブの動作状態・温度などを、Webブラウザでモニタリングできる。

 PWM(パルス・ワイズ・モジュレーション)方式のシステム冷却ファンを採用し、効率的にシステムを冷却できる上、システムの動作騒音を低減でき、消費電力の節減を図れる。また、電源ユニットには、80Plusプラチナ規格に適合した920W(1+1)ホットスワップ・リダンダント電源を採用している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

「フラッシュアレイ」選定ガイド――誇大広告を見抜くための8つの考慮事項 【日本ヒューレット・パッカード】 知っていますか? オールフラッシュを企業で使う場合の必須機能 【日本ヒューレット・パッカード】 アサヒグループの共通基盤にオールフラッシュストレージを採用、5年間のTCOを63%削減 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 フラッシュ導入で期待通りの点と期待外れの点は? 1000人に聞いた実際の効果 【日本ヒューレット・パッカード】 HPC環境のボトルネック、ストレージが抱える課題を解決する方法とは? 【ピュア・ストレージ・ジャパン】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
「フラッシュアレイ」選定ガイド――誇大広告を見抜くための8つの考慮事項 HPEは新興企業の買収を含め、ストレージへの積極的な開発投資を進めている。競合がひしめく市場で、ハードの強みを生かしてきた同社が、今後注力する分野はどこか。 アサヒグループの共通基盤にオールフラッシュストレージを採用、5年間のTCOを63%削減 フラッシュ導入で期待通りの点と期待外れの点は? 1000人に聞いた実際の効果 HPC環境のボトルネック、ストレージが抱える課題を解決する方法とは?

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061621


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ