矢野経済研究所、PLM市場に関する調査を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、PLM市場に関する調査を実施


掲載日:2015/04/21


News

 株式会社矢野経済研究所は、PLM市場について調査を実施したと発表した。

 調査期間は2014年10月〜2015年3月、調査対象はPLMシステムメーカー。調査方法は矢野経済研究所専門研究員による面接取材/電話・メールによるヒアリングを併用している。

 PLM(Product Lifecycle Management)とは、開発・生産からメンテナンス、あるいはリサイクルに至るまでの、製品のライフサイクル全般にわたり管理しようという概念のこと。同調査におけるPLM市場とは、それを実現するためのツールとして、CAD/CAM/CAE、PDM(Product Data Management)、デジタル・ファクトリー、ビューワ/DMU(Digital Mock-Up)などのシステムツールを対象としている。

 矢野経済研究所は調査結果サマリーとして3点発表している。1つは、2014年のPLM世界市場規模は前年比7.8%増となる111億USドル(システムメーカー出荷金額ベース)の見込みであるという。2014年のPLM国内市場は前年比8.4%増の2242億円(同ベース)を見込むとしている。米国経済が好調に推移し、また、日本経済も2013年より始まった金融緩和及び円安により、企業収益が大幅に改善し、製造業の設備投資も回復したと述べている。そのためPLM市場は世界及び日本国内とも、順調に回復していると伝えている。

 2つめは、PLMは主に機械設計の詳細設計工程と製造工程を効率化するソリューションといえるが、次世代ものづくりを実現していくためには、設計の上流工程である構想設計領域の強化が求められるという。今後PLMは、IoTやSLM、ALM、MES、ERPなどと連携をはかるとともに、次世代ものづくりの中核となるソリューションとなっていくと考えると述べている。

 3つめは、国内に関しては、製造業は昨今の円安をうけて日本回帰の動きもあり、設備投資を生み出すと考えるという。それはPLM市場にも直接的な影響を与え、市場は順調な回復を遂げる見通しだとしている。2018年のPLM国内市場は2900億円(システムメーカー出荷金額ベース)と予測すると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

中堅・中小企業が選ぶべきERPは? 4つの課題から導く最適解 【日立システムズ】 8社の事例で解説、ERP導入による課題解決と経営メリット 【日立システムズ】 新人担当はどこまで知っておけばいい? ストレージ製品の実践的な提案方法 【ネットワールド】 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 【シマンテック】 ハイブリッド型 勤怠管理システム「ShiftMAX」 【KYODOU】
ERP ERP ストレージ仮想化 認証 勤怠管理システム
中堅・中小企業が選ぶべきERPは? 4つの課題から導く最適解 8社の事例で解説、ERP導入による課題解決と経営メリット 新人担当はどこまで知っておけばいい? ストレージ製品の実践的な提案方法 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 Excelから直接クラウドサービスに接続し、シフト管理、勤怠管理が行えるハイブリッド型のシステム。会社ごとに異なる勤務形態にも柔軟に対応できる。
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061463



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ