矢野経済研究所、スマート農業に関する調査結果を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、スマート農業に関する調査結果を発表


掲載日:2015/04/20


News

 株式会社矢野経済研究所は、情報通信技術を利用した農業・畜産業の動向を踏まえ、国内におけるスマート農業について調査を実施したと発表した。

 調査期間は2014年12月〜2015年3月、調査対象はスマート農業参入事業者、農業法人、全国農業協同組合連合会(JA)、関連団体・協会、管轄官庁など。調査方法は矢野経済研究所専門研究員による面接取材/電話・メールによるヒアリング/文献調査を併用している。

 同調査におけるスマート農業とは従来からの農業技術と連携させることで、更なる生産の効率化や農作物の高付加価値化を目指すものであり、農業の生産から販売まで情報通信技術を活用した、高い農業生産やコスト削減、食の安全性や労働の安全などを実現するもの。対象分野は栽培支援ソリューション(農業クラウド、複合環境制御装置、畜産向け生産支援ソリューション)、販売支援ソリューション、経営支援ソリューション、精密農業である。なお、国内市場を対象とし、市場規模には農業向けロボットや農業向けPOSシステムなどのハードウェアは含まれていない。

 矢野経済研究所は調査結果サマリーとして2点発表している。1つは、2013年度のスマート農業の国内市場規模は66億1400万円となり、内訳は、栽培支援ソリューションが32億1300万円(栽培支援ソリューションの内訳:農業クラウド8億3600万円、複合環境制御装置12億6700万円、畜産向け生産支援ソリューション11億1100万円)、販売支援ソリューションが8億3100万円、経営支援ソリューションが14億5000万円、精密農業が11億1900万円となったと伝えている。

 2つめは、スマート農業国内市場は、2014〜2016年度は農業クラウド・複合環境制御装置・畜産向け生産支援ソリューションなどの栽培支援ソリューションが牽引し、2016年度以降は、気象予測と連携した販売支援ソリューションや経営支援ソリューションが拡大し、2020年度には308億4900万円までの市場拡大を予測している。現在、産官学における農業機械作業データの標準化・データ情報の共有化を目指しており、こうした取組みにより更なる市場拡大が期待されるという。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

勤休管理システム「勤時(きんとき)」 【科学情報システムズ】 運用で差が出る「クラウドを活用したバックアップ」の手法とは 【arcserve Japan】 約3000DBもの刷新課題を解決、横浜ゴムに聞く大規模・短期間移行の秘訣 【ドリーム・アーツ】 AI+LINEで約8割が自己解決、AI活用でコンタクトセンター業務を効率化 【KDDIエボルバ】 「VR機器」7製品を徹底比較、ビジネス利用で選ぶべき製品は? 【MXモバイリング】
勤怠管理システム バックアップサービス データベースソフト コールセンター/CTI その他スマートデバイス関連
プロジェクト工数管理機能をあわせ持つ勤怠管理システム。総務部門やプロジェクト管理者の作業効率の向上と管理コストの削減を実現する。 企業が管理すべきデータは増える一方。コストと運用負荷削減を目的にクラウドを利用するには、クラウドの特性を理解した運用環境が必要だ。今われわれは何を選ぶべきか? 約3000DBもの刷新課題を解決、横浜ゴムに聞く大規模・短期間移行の秘訣 AI+LINEで約8割が自己解決、AI活用でコンタクトセンター業務を効率化 「VR機器」7製品を徹底比較、ビジネス利用で選ぶべき製品は?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061433



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ