クォーレスト、AV分野をサポートするデスクトップストレージ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クォーレスト、AV分野をサポートするデスクトップストレージ発売


掲載日:2015/04/15


News

 株式会社クォーレストは、オーディオ&ビジュアル分野でのワーク・フローをサポートする、PCベースのデスクトップ型ストレージ「Qualest Salva-1226c」シリーズと「Qualest Salva-1238c」シリーズを発売した。

 「Qualest Salva」シリーズでは、第4世代Core i3シリーズCPUとXeon E3-1200 v3シリーズCPUに対応したモデルがラインアップされている。ドライブの挿抜時に工具が不要なトレーレス方式のドライブベイを採用し、容易にメンテナンスできる。奥行き40cm以下のコンパクトなシャーシと静音性に優れたシステム・デザインで、自由にレイアウトできる。また、ラックマウント・モデルとしても運用できる。

 「Salva-1226c」シリーズは6基、「Salva-1238c」シリーズは8基のホットスワップ対応リムーバブルベイを装備し、30TBを超えるストレージ(未フォーマット時)容量をカバーする、RAID/JBOD環境を容易に構築できる。サーバー用チップセットIntel C222 PCHを搭載し、高速64ビットマルチコア演算環境を提供できる。また、Adaptec/Areca/LSIといった主要RAIDコントローラ・ベンダの6Gbps RAIDコントローラを選択でき、高度で柔軟なデータ保護環境と管理機能を導入できる上、システム拡張バスとしてx16バス1本とx8バス1本を利用でき、10GbEネットワーク・カードや高速通信アダプタを増設できる。

 接続用インターフェースとして、4ポートのUSB 3.0ポートと1チャンネルのシリアルポートを備え、デュアル・ギガビット・イーサネット(GbE)LANポートを装備している。FreeNASなどの無償ストレージOSに加え、Windows Storage ServerやOpen-E DSSなどのストレージOSをサポートし、OSはUSB接続Flashメモリ、SATA DOMまたは2.5インチHDD/SSDから起動できる。データとOSを分離することで、システム運用とデータ管理が容易になり、短時間での障害復旧を図れる。また、仮想化支援技術Intel Virtualization Technology、Virtualization for directed I/Oをサポートし、仮想化ソフトウェアを使用した、ストレージの仮想化を行なえる。

 Webブラウザを使用してシステムを遠隔操作できるIPMI 2.0システム管理コントローラと、専用GbE LANポートを装備し、システムの起動や停止、KVM over IPを利用したバーチャルメディアからのOSインストールなどを行なえる。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

ASUSTOR 企業向けNAS AS7009RDX 【ユニスター】 高速性・信頼性・経済性を追求、高密度SSD対応フラッシュストレージの実力は? 【日本ヒューレット・パッカード+他】 「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ 【日本アイ・ビー・エム】 「ハイパフォーマンスなストレージは高い」はもう古い 【日本ヒューレット・パッカード+他】 SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
エンタープライズ向けに設計された企業用ラックマウントモデルのNAS。ユニスターによるオンサイト・先出しセンドバックなどの保守も。 高速性・信頼性・経済性を追求、高密度SSD対応フラッシュストレージの実力は? 適切に管理し活用する「データレイク」とは? いま買い換えるならオールフラッシュ一択だ。しかし、運用が煩雑になるならば手を出しにくい。では、運用効率のよいハイエンド品が予算の範囲で手に入るならどうだろうか。 SSDの限界点と、オールフラッシュストレージの真価の引き出し方

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061350


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ