富士通、統合認証ソフトを仮想環境上の生体認証にも対応させ提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、統合認証ソフトを仮想環境上の生体認証にも対応させ提供


掲載日:2015/04/13


News

 富士通株式会社は、統合認証ソフトウェア「FUJITSU Security Solution SMARTACCESS」シリーズに、仮想環境上で、生体認証を利用してWindows OSや社内システムにログオンできる「SMARTACCESS/Virtual V1.0L10」を追加し、提供を開始した。

 「SMARTACCESS」シリーズでは、ユーザIDやパスワードを入力する代わりに、手のひら静脈センサ/指紋センサ/スマートカード/FeliCaカードといった様々なセキュリティデバイスを使用して、Windows OSや社内システムにログオンできる。

 今回提供される「SMARTACCESS/Virtual V1.0L10」は、「VMware Horizon(with View)」「Citrix XenDesktop」「Citrix XenApp」といった仮想環境へのログオンに加え、仮想環境上で動作する社内システムのIDとパスワード認証を、手のひら静脈認証または指紋認証に置き換えられ、仮想環境上でパスワード認証画面を登録する操作で、社内システムの改修不要で生体認証をスピーディーに導入できる。特に、偽造困難で認証精度が高い手のひら静脈認証を利用することで、確実な本人認証を行なえ、仮想環境利用時のセキュリティをより強固にできる。

 仮想環境で動作する社内システムへのシングルサインオン(SSO)運用を行なえるため、システムごとのID/パスワードの手入力が不要になる。例えば、手のひら静脈認証では、センサに手をかざす簡素な操作で本人認証が完了するため、システム利用者の利便性と業務効率が向上する。

 また、専用サーバ「Secure Login Box」と連携することで、「SMARTACCESS/Virtual V1.0L10」のシステム設定情報や認証情報を一括管理でき、利用者の生体情報を複数の業務システムのID/パスワード情報と紐付けて、管理者側で一元管理できるため、利用者にパスワード管理を委ねないセキュアーな運用を図れる。生体認証を利用した確実な本人認証を行なえる上、システムの利用ログを管理できるため、不正使用抑止も支援する。また、パスワードの忘却対応など、管理者側の管理運用負担の軽減も図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

「富士通」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 【シマンテック】 クラウド利用やリモートワークで高まる内部不正リスク、取るべき対策とは? 【ニッセイ情報テクノロジー】 Office 365への移行で避けられないネットワーク負荷、その効率的な解消方法とは 【バラクーダネットワークスジャパン】 「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説 【サイバネットシステム】 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 【シマンテック】
認証 認証 認証 認証 認証
ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 クラウド利用やリモートワークで高まる内部不正リスク、取るべき対策とは? Office 365への移行で避けられないネットワーク負荷、その効率的な解消方法とは 「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061323


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ