フォワードネットワーク、IoTセンサ解析ベースシステムを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


フォワードネットワーク、IoTセンサ解析ベースシステムを提供


掲載日:2015/04/10


News

 株式会社フォワードネットワークは、センサ・Android端末・Hadoopを組み合わせることで、データの収集・解析を行なえるシステム「IoTセンサー解析ベースシステム」の提供を開始した。

 「IoTセンサー解析ベースシステム」は、センサデータの収集から解析までをトータルにカバーしたBtoB向けベースシステム。データを収集するための機器の準備やシステムの開発を同社が請け負うことで、コストを抑えて手軽に導入でき、要望に応じて柔軟にカスタマイズできる。また、データ解析の知識・技術は不要で、同社が支援する。

 様々なセンサを使用でき、市販の土壌センサやリストバンド型活動量計などのBluetooth対応センサからデータを収集できる。また、ZigBeeという無線通信規格を使用して、要望に応じたセンサを提供することもできる。

 センサのデータは、Android端末がBluetoothやZigBeeを使用して収集する。収集したデータは、Wi-Fi/3G/LTEを使用してAndroid端末からHadoopに蓄積される。市販のAndroid端末は、BluetoothやWi-Fi/3G/LTEに対応しているため、通信の仕組みをスクラッチ開発することは不要で、Hadoopとの通信には格安SIMも使用できるため、開発・運用コストを抑えられる。

 センサデータの蓄積・解析にはHadoopという仕組みが使用される。Hadoopは、大規模データを効率的に分散管理・処理するためのミドルウェアなので、多数のセンサから収集した膨大なデータも高速に処理できる上、要望に応じて、機器の台数・構成を柔軟にカスタマイズできる。また、構造化データに加え、非構造化データの処理も行なえ、例えば、心電図データなどの波形データも、Hadoop上で蓄積・解析することで、処理時間の短縮を図れ、“急変動”や“凹凸”“任意に指定した波形パターンの検知”など、複雑な波形の解析と、解析結果の通知を行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

SAS Visual Analytics 【SAS Institute Japan】 レガシーなシステムにあるデータをビジネスに生かす方法 【シンクソート・ジャパン】 データ肥大化を解決する「3つのA」とデータレイクに必須の「4フェーズ」とは 【日本アイ・ビー・エム】 顧客の情報を全方位で把握、マーケティングROIを最大化する統合データ基盤 【Cloudera】 16PBを超える保存データを保護、MasterCardに学ぶビッグデータセキュリティ戦略 【Cloudera】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
データ視覚化の基礎知識――チャート作成からビッグデータ処理まで メインフレームなどを中心とするレガシーシステムからビッグデータ環境へのデータ移行時に企業が抱える課題をどう解決すればいいのか。 データ肥大化を解決する「3つのA」とデータレイクに必須の「4フェーズ」とは 顧客の情報を全方位で把握、マーケティングROIを最大化する統合データ基盤 16PBを超える保存データを保護、MasterCardに学ぶビッグデータセキュリティ戦略

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061299


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ