矢野経済研究所、情報システム子会社の経営実態調査を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、情報システム子会社の経営実態調査を実施


掲載日:2015/04/09


News

 株式会社矢野経済研究所は、国内の情報システム子会社の経営実態について、法人アンケート調査を実施したと発表した。

 調査期間は2014年11月〜2015年3月、調査対象は日本国内の情報システム子会社、及び日本国内の情報システム子会社を有する企業(親会社)で、調査方法は電話によるアンケート調査。

 同調査における情報システム子会社とは、企業(親会社)の情報システム部門から分社化され、親会社のシステム業務(開発/運用/保守など)を受託している情報サービス会社を指す。

 同調査では、情報システム子会社とその親会社、それぞれを調査対象とする2つのアンケート調査を実施したという。情報システム子会社向けのアンケート調査では主に経営実態について分析しているが、ここでは“企画プロセスへの参加”について取り上げ、親会社向けのアンケート調査では“情報システム子会社への評価”を取り上げたとしている。

 矢野経済研究所は調査結果サマリーとして2点発表している。1つは、情報システム子会社に対して“親会社やグループ会社から受託したシステム業務(内販)において企画プロセスにどの程度参加しているか”を質問したところ“親会社主導だが、自社メンバーも企画に参加”が48.3%と最も高い回答比率となり、何らかの形で企画プロセスに参加している情報システム子会社が多いという結果になったという。

 2つめは、情報システム子会社に業務を委託している親会社に対して、“情報システム子会社の現在の評価”を6項目に分けて質問したところ、“不満”の回答比率は“ソリューション提案力”が38.7%と最も高く、次いで“コンサルティング力”が37.1%となったという。同アンケート調査結果から、約4割の親会社は子会社に対してソリューション提案やコンサルティングにおける評価が高くないという結果になったと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

経営者が本当に欲しいデータを簡単に見える化する方法 【富士通マーケティング】 オールインワン・デスクトップ環境 「リモートPCアレイ(RPA)」 【アクシオ】 「Acrobat XI」は2017年10月でサポート終了――最適なアップグレードは? 【アドビ システムズ】 「Dell Latitude 5000 シリーズ 2-in-1 5285」無料モニターキャンペーン 【デル】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】
BI VDI PDFソフト ノートパソコン バックアップツール
常に経営者は企業のかじ取りに役立つデータ活用ツールを求めている。だが、その本音は「機能」が欲しいわけではない。実績に裏打ちされたノウハウが必要なのだ。 仮想デスクトップに必要な、CPU、メモリ、ストレージ(SSD)、ネットワークスイッチ、マネジメントソフトウェアを包括的に提供するハイパーコンバージド・ソリューション。 「Acrobat XI」は2017年10月でサポート終了――最適なアップグレードは? 最新2-in-1デバイスを無料で使える★3名限定無料モニターキャンペーン 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061262



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ