採用:シャープ、JR東京駅中央通路に4K対応ディスプレイを納入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:シャープ、JR東京駅中央通路に4K対応ディスプレイを納入


掲載日:2015/04/09


News

 シャープ株式会社は、4K表示に対応した70V型の大画面デジタルサイネージ用ディスプレイをJR東京駅の中央通路に納入したと発表した。

 今回納入したディスプレイは「PN-H701」で、駅中央通路改札内コンコースの8柱に合計14台設置されている。これまで設置されていたディスプレイに比べ4倍の解像度(3840×2160ドット)を備えていて、4K画質で制作されたコンテンツをそのまま表示できるほか、画像処理技術を活用して従来のハイビジョン画質で制作されたコンテンツでも迫力のある表示を可能にしている。

 同ディスプレイは4月6日より運用が開始され、今後、JR東京駅の利用者に向けて、広告媒体として活用される予定だと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061259


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > デジタルサイネージ > デジタルサイネージのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ