DAMBALLA、自動ブリーチ防御ソリューションを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DAMBALLA、自動ブリーチ防御ソリューションを発売


掲載日:2015/04/09


News

 DAMBALLA Inc.は、日本オフィスのDAMBALLAジャパンを開設し、株式会社アズジェントを販売元に国内展開を開始し、ブリーチ(感染による侵害のおそれ)を自動で防御するソリューション「DAMBALLA Failsafe」を発売した。

 「DAMBALLA Failsafe」は、セキュリティ防御層をすり抜けた攻撃者の疑わしいネットワーク挙動を、8種類のエンジンを利用して継続的に監視する。独自のビッグデータに基づいたインテリジェンスを活用したエンジンを使用して、様々な挙動の証拠を相関分析できる。

 SIEMやフォレンジック製品、ネットワーク・エンドポイントセキュリティ、調査・インシデントレスポンスなど、様々なソリューションと連携して、セキュリティを強化できる。また、サービスプロバイダ向けソリューション「DAMBALLA CSP」が用意され、同時に発売された。

 ビッグデータに支えられた脅威ナレッジベースを礎として、高度で多角的な証拠を収集する脅威検出エンジン“CaseAnalyzer”の感染裁定と、対処すべき対象のRisk Profilerに基づいた緊急度判定が行なわれる。セキュリティ担当者は、膨大な誤検知を含むアラートやログを回避して、行なうべきインシデントレスポンスを確実に進められる。


出荷日・発売日 2015年4月7日 発売
価格 −−−

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

サイバー攻撃への多層防御強化は続けつつ、感染に備えた事後対応 【シマンテック】 添付のOfficeファイルも安心して編集できる標的型攻撃対策とは? 【コネクトワン】 Kaspersky Security for Virtualization 【Kaspersky Labs Japan】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT」 【日立ソリューションズ】 ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
サイバー攻撃の高度化と巧妙化から、従来型の対策には限界が見えてきた。多層防御の強化は続けつつ、感染に備えた事後対応も用意したい。どう両立すればよいだろうか。 添付のOfficeファイルも安心して編集できる標的型攻撃対策とは? 仮想環境に最適化されたアンチマルウェア製品。仮想環境および仮想化されていないエンドポイントやモバイルデバイスも含めた一元管理が可能。 AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061249


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ