富士通、UNIXサーバに新プロセッサを搭載、処理性能を約30%向上

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、UNIXサーバに新プロセッサを搭載、処理性能を約30%向上


掲載日:2015/04/08


News

 富士通株式会社は、UNIXサーバのエントリーモデル「SPARC M10-1」とミッドレンジモデル「SPARC M10-4」に、動作周波数3.7GHz/8コアの新プロセッサ「SPARC64 X+(スパークロクヨン・テンプラス)」を搭載し、提供を開始した。

 今回、新プロセッサが搭載されたことで、CPUコアあたりの処理性能が従来比約30%向上した。基幹系システムでのビジネスデータのバッチ処理時間を短縮できるほか、情報系システムでも、SNS/センサ/モバイルデバイスなどから来る様々なビッグデータの分析を高速化でき、迅速な経営判断を支援する。

 同社とオラクル・コーポレーションとの協業により、今回性能を強化したモデルを含む全機種が、「Oracle Solaris」と組み合わせて販売される。最新の「Oracle Solaris」はクラウド基盤「OpenStack」に対応している。また、例えば「Oracle Database」のオプション機能として、データ処理をメモリ内で行なう「Oracle Database In-Memory」は、同プロセッサに装備されたソフトウェア・オン・チップ(従来ソフトウェア上で行なわれていた処理の一部をハードウェア(プロセッサ)で実行する機構)と連携し、分析処理を高速化できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「UNIXサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UNIXサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061239


IT・IT製品TOP > サーバー > UNIXサーバ > UNIXサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ