提携:NTTコムウェア、Oracle Fusion HCMを用いた人材管理を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:NTTコムウェア、Oracle Fusion HCMを用いた人材管理を提供


掲載日:2015/04/08


News

 エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(NTTコムウェア)は、日本オラクル株式会社と協業し、人事業務アプリケーション群「Oracle Fusion Human Capital Management(Oracle Fusion HCM)」の取り扱いを開始するとともに、「Oracle Fusion HCM」を用いた「人材マネジメントソリューション」の提供を開始する。

 「Oracle Fusion HCM」は、業務革新/業務運営/人事管理のためのクラウド・アプリケーション。各部門の従業員を接続することで、情報通知/人員確保/コラボレーションを強化できる。

 使いやすい設計になっていて、従業員が正確な人事/タレント情報を収集できる。世界中のデータをリアルタイムに入手し、分析/レポート機能を利用して分析作業時間を短縮できる。入手した分析結果を基に、迅速で的確なリソース配置や事業展開が可能になる。

 キャリアに必要なスキルと本人の持つスキルを、レーダーチャートで可視化して比較できる。これにより、足りないスキルを正確に把握し、企業の経営戦略に沿った適切な人材に育成するためのジョブアサインや研修などを計画できる。また、世界中で全従業員の情報を一元管理することで、社内の人材の発掘や適切な人材の選定/配置を可能にする。

 「人材マネジメントソリューション」では、NTTコムウェアが人材価値の最大化/組織強化を目的とした“採用”“育成”“評価”“後任計画”“人事データ分析”を可能にするタレントマネジメントの導入を支援し、企業独自の人材マネジメントの確立を支援する。

 NTTコムウェアが持つ、人事システムを導入/運用してきたノウハウを活かし、企業によって異なる人材像や必要なスキルの定義といったシステム化に向けた初期の支援から、システムの構築/導入、導入後の問い合わせ対応などの保守/運用までを一貫して提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「人事管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

STAFFBRAIN(人事給与、勤怠管理、ワークフロー) 【電通国際情報サービス】 POSITIVE(タレントマネジメント、人事給与、勤怠管理) 【電通国際情報サービス】 「働き方改革」成功の秘訣――“できること”から始めるための4つのIT活用術 【ミロク情報サービス】 人事情報管理システム ESI(Enterprise Skills Inventory) 【ワン・オー・ワン】 人事給与トータルアウトソーシングサービス 「Bulas」 【BBSアウトソーシングサービス】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
1000社の導入実績を持つ統合人事パッケージ。
ユーザーニーズに応える柔軟性・拡張性で、ノンカスタマイズ導入が可能。
2000社超の導入実績で培ったノウハウを生かした製品。人事・給与・就業管理に加えて、タレントマネジメントやグローバル人事など広範な機能を網羅した統合HCMパッケージ。 「働き方改革」成功の秘訣――“できること”から始めるための4つのIT活用術 ビジネス戦略に沿った人材育成プログラムを作成・評価できるなど、豊富な機能が実装された人事管理システム。iCD(経産省推奨)、職業能力評価基準(厚労省推奨)に対応。 毎月の給与計算から年末調整業務まで、人事給与に関するあらゆる業務を総合的にサポートするペイロールサービス。ニーズに適した範囲からスタートアップできる。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061236


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ