アドビ、ドキュメント業務の迅速化を図れるソリューションを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アドビ、ドキュメント業務の迅速化を図れるソリューションを提供


掲載日:2015/04/07


News

 Adobe(アドビ)は、場所やデバイスを問わず、学校や保険関連の書類の記入から複雑な企業文書ワークフローまで文書の処理を効率化し、ドキュメント業務の迅速化を図れるソリューション「Adobe Document Cloud」の提供を開始する。

 「Adobe Document Cloud」は、一貫したオンラインプロファイルと個人のドキュメントハブ(文書を集約する場所)を活用した統合型サービスで、デスクトップ/モバイルなどのデバイスを問わず、文書の作成/確認/承認/署名/トラックを行なえる。また、タッチ操作を行なえるユーザインターフェースを搭載し、「サブスクリプションライセンス」と「永続ライセンス」で提供される。

 新しい“ツールセンター”を備え、頻繁に使用するツールに簡単に素早くアクセスできるほか、紙の文書を編集できるデジタルファイルに変換(Photoshopマジック)し、署名を得るために電子送信することもできる。“eSignサービス”(旧Adobe EchoSign)では、様々なデバイスからの文書をメールで送信し、署名できる。新しい“Mobile Link機能”では、ファイル/設定/署名をモバイルデバイスでも利用でき、移動中でも文書作成を続けられる。新サービスの“送信とトラック”機能などでは、文書の管理/トラック/コントロールを行なえる。

 e-sign機能が追加され、Adobe Creative Cloudと同期されることで、PDFでの作業を行なえ、用途が更に拡大される。e-signサービスは、Adobe Experience Manager Formsに統合されるため、Webやモバイルサイトでシームレスに使用できる。将来的にAdobe Marketing Cloudの主要コンポーネントを統合し、文書の分析/評価/管理をサポートすることで、文書の利用状況や、やり取りを可視化できる。

 Document Cloud for enterpriseは、法人向けe-sign機能を含む各種サービスを部門と組織全体に提供することで電子化の問題に対処でき、ビジネス文書ワークフローのスピードと効率性の向上を図れる。また、Adobe Enterprise Dashboardのシングルサインオン(SSO)を利用することで、Document CloudやAdobe Creative Cloudのユーザアカウントやライセンスを一元管理できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

“デジタルトランスフォーメーション”を実践する方法 【アドビ システムズ 株式会社】 MasterControl Documents 【マスターコントロール】 OpenText ECM <文書&コンテンツ統制管理ソリューション> 【オープンテキスト】 文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus 【住友電工情報システム】 FileBlog(ファイルブログ) 【鉄飛テクノロジー】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
効率化の効果半減? デジタル化に潜む紙の呪縛から解放されよう 適切なQMSに必要な業務の効率化を支援するソリューション。その中心となる文書管理向けソリューションは、様々な規制要件への対応と効率性を向上させる。 契約書や証憑書類、オフィス文書、画像、動画、更に企業で蓄積されるノウハウや知識情報など多彩なコンテンツを業務プロセスに紐づけて管理・活用できる情報統制・共有基盤 簡単登録、高速検索、高速表示、高セキュリティ。オフィス文書やPDFなど幅広いデータ形式に対応。ワークフロー機能も搭載。契約書管理やISO管理、e-文書法にも対応。 ファイルの検索性に優れたWebベースの文書共有システム。ファイルの画像プレビューや属性管理など、シンプルで高性能な仕組みを簡単に導入できるのが特長。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061227


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ