導入:プラス、ウイングアーク1stの「Dr.Sum EA」を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


導入:プラス、ウイングアーク1stの「Dr.Sum EA」を導入


掲載日:2015/04/07


News

 ウイングアーク1st株式会社は、プラス株式会社のステーショナリーカンパニーが「Dr.Sum EA」を導入したと発表した。

 「Dr.Sum EA」は、様々な企業システム内に蓄積されているデータを統合し、高速にデータ集計・レポーティングが行なえるBIツール。高速集計エンジンと、専門的な知識が不要で使用できるExcelインターフェースなどの分かりやすい操作環境を備えている。

 プラスのステーショナリーカンパニーでは、文具事務用品などの開発・製造・販売を行なっている。日本をはじめベトナムや上海など東南アジアにおける製造・販売も展開している。

 同カンパニーでは、IT部門がAccessで作成した帳票やレポートを印刷し、営業、マーケティング、製造などの各利用部門へ配布していたが、2009年に組織統合にともなうシステム刷新を機に、IT部門の負荷軽減と、数字の分析と情報共有を目的に、BI基盤の構築を検討したという。その際、BIツールの選定では、専門的な知識を習得する必要性が少ない点と、利用者数に左右されないラインセンス体系であることを重視し「Dr.Sum EA」を採用することに決定したと述べている。

 その結果、利用者が把握したいタイミングで正確な数字を確認できる環境が確立された。マーケティング担当者の業務は従来の実績による“確認”から“分析”に変わり、担当者のひらめきなども支援できるようになったという。

 また、基幹システムの情報を分析するだけでなく、営業やマーケティング、カスタマーサービスで得た情報をCSVに出力して同ツールに蓄積しており、蓄積された10年分のデータを有効活用していくことを検討していると伝えている。

 その後、同ツールの運用開始から3年経過した2013年、ハードウェアの更改をきっかけに自社による同ツールの運用環境を、クラウド環境であるAWSに移行した。この移行により、トラブルが発生し障害を特定しなければならない場合でも、ハードウェアを調査対象から外すことが可能になるなど、ハードウェアの運用・保守が軽減されたという。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「ウイングアーク1st」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】 汎用データ解析/統計解析ソフトウェア「S-PLUS」 【NTTデータ数理システム】 マンガですぐ理解! 部門別で分かるデータ分析のお悩み解決法「Actionista!」 【ジャストシステム】 多様な分析ニーズに対応、セルフサービス型BIで実現する現場主導のデータ活用 【クリックテック・ジャパン株式会社】 クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud 【ウイングアーク1st】
BI BI BI BI BI
業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。 世界で20年以上の実績と信頼性を誇るデータ解析ソフトウェア。高度なデータ解析と手軽で豊富なグラフィック機能を兼ね備えている。 マンガですぐ理解! 部門別で分かるデータ分析のお悩み解決法 面倒な分析作業のデータの関連付けを不要にする方法を、動画で解説 様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061215


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ