富士通、富士通FIPと組織統合・再編を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、富士通FIPと組織統合・再編を実施


掲載日:2015/04/03


News

 富士通株式会社は、富士通エフ・アイ・ピー株式会社(富士通FIP)と、データセンターサービス事業の効率化と運用品質の向上を目指し、4月1日付で組織統合・再編を実施した。

 今回の統合・再編により、富士通はデータセンターサービス事業のガバナンス機能を受け持つことになり、グローバルを含む富士通グループ全体のアウトソーシングビジネス事業の戦略、企画、管理を担当するという。

 一方、富士通FIPは、データセンターサービス事業のサービスに特化した機能を受け持つことになり、ユーザの要望するICT環境をサービスインフラ基盤上に展開し、企画、設計、開発、運用のライフサイクルを実行すると述べている。

 これにより、国内外のユーザは、ロケーションを意識せずに、様々な機能を最適化した状態で利用でき、安定的にシステムを運用することが可能になったという。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

中堅医薬品・化粧品製造業向けERPパッケージ「JIPROS」 【日本電子計算】 ネットワーク仮想化の前に押さえるべき「アンダーレイネットワーク」の要件とは 【ジュニパーネットワークス】 今からやれば間に合う? 5ステップでできるEUの個人情報保護法「GDPR」対策 【SAS Institute Japan】 巨大ネットサービスのネットワークから考える、ネットワーク運用課題の克服 【ジュニパーネットワークス株式会社】 Junosはクラウド時代のネットワークエンジニアのための、新たな必修科目だ 【ジュニパーネットワークス株式会社】
ERP ネットワークスイッチ 検疫 データセンター運用 ネットワーク管理
中堅医薬品・化粧品製造業特化型ERP(販売・生産・原価)パッケージ。 サーバやストレージに続きネットワークにも仮想化の機運が高まりつつあるが、仮想化だけでは解決できない課題もある。物理ネットワークをないがしろにすると痛い目に遭う。 今からやれば間に合う? 5ステップでできるEUの個人情報保護法「GDPR」対策 巨大ネットサービスのネットワークから考える、ネットワーク運用課題の克服 Junosはクラウド時代のネットワークエンジニアのための、新たな必修科目だ
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061158



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ