SBT、モバイル環境管理ソリューションとその導入支援を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SBT、モバイル環境管理ソリューションとその導入支援を提供


掲載日:2015/04/03


News

 ソフトバンク・テクノロジー株式会社(SBT)は、日本マイクロソフト株式会社が提供しているモバイル環境管理ソリューション「Enterprise Mobility Suite」(EMS)とその導入支援サービスの提供を開始する。

 「EMS」では、モバイル端末を含むクラウド環境の統合デバイス管理を提供する「Microsoft Intune」と、安全な認証基盤を提供する「Microsoft Azure Active Directory Premium」、データの保護とセキュアなデータアクセスを提供する「Microsoft Azure Rights Management Service」という3つのクラウドサービスを組み合わせることで、外出先でも社内と同じレベルの堅牢なセキュリティ対策を適用できる。

 今回提供されるEMS関連サービスでは、ユーザの既存環境を踏まえ、プランニングからサポートまでを、同社が一括提案する。また、各機能の導入作業はパッケージングされ、プランニング/評価/インテグレーション/運用サポートを段階的に導入できる。

 「EMS」を使用するためのユーザライセンス「Enterprise Mobility Suiteユーザーライセンス」は、ユーザ数や利用サービスにより価格が変動する。また、「Enterprise Mobility Suite導入計画サービス」の価格は10万円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「MDM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「MDM」関連情報をランダムに表示しています。

「MDM」関連の製品

Windows 10搭載モバイルデバイス、管理方式の弱点を克服するには 【ヴイエムウェア】 Trend Micro Mobile Security 【ソフトバンク コマース&サービス】 BYOD導入を決めた企業が心掛けるべき「10のオキテ」とは? 【日本アイ・ビー・エム】 ビジネス・コンシェル PC紛失時リカバリーサービス 【ソフトバンク コマース&サービス】 ワークスタイルの広がりで管理範囲も工数も急増 管理手法はどう変わるべきか 【ヴイエムウェア+他】
MDM MDM MDM MDM MDM
普及し始めたWindowsモバイル。管理面でも利用面でも充実したその機能とは? ウイルス、スパイウェア、不正アクセスなどの脅威防止に加え、認証&暗号化技術で紛失・盗難時の情報漏洩えいを防ぐ、スマートフォン総合セキュリティ製品。 BYOD導入を決めた企業が心掛けるべき「10のオキテ」とは? Windows端末の紛失に特化し、遠隔ワイプ/ロック、インベントリ収集に機能を絞ったMDM(モバイルデバイス管理)サービス。 働き方が多様化すると、情シスの工数が増加――アプリや端末の管理手法が変化

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061153


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > MDM > MDMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ