I-Oデータ、11ac対応APでゲスト向け無線LANの提供などに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


I-Oデータ、11ac対応APでゲスト向け無線LANの提供などに対応


掲載日:2015/04/03


News

 株式会社アイ・オー・データ機器(I-Oデータ)は、11ac対応の法人向け無線LANアクセスポイント(AP)「WHG-AC1750A」のファームウェアを「Ver.2.01」にバージョンアップした。同社のサポートライブラリから入手できる。

 「Ver.2.01」では、ゲスト向け無線LANスポットを提供するための機能や、様々な環境に対応できるネットワーク設定機能、柔軟な管理機能が搭載された。また、普通教室でのICT活用を支援する、Sky株式会社のタブレット対応授業支援ソフトウェア「SKYMENU Class」に対応している。

 無線LANスポット提供をサポートするため、導入時のセキュリティ対策に加え、管理も簡素に行なえる機能を搭載している。OAuth機能が追加され、Google+/Facebook/Yahoo!JAPANなど、利用者が持っているアカウントで接続認証を行なえる。利用登録などのわずらわしいステップを簡略化しながら、2段構えの認証を行なえ、不特定多数の機器に接続されるリスクの軽減を図れる。また、OAuth機能に“リダイレクト機能”を組み合わせることで、ゲスト用ネットワークにアクセス後、好みのWebページにリンクさせられ、自社の宣伝や会員登録など様々な用途に活用できる。

 ユニバーサルリピータモードに対応し、壁などがあり無線通信が困難な場合に、同製品を中継点(リピータ)として接続でき、エリアに存在するネットワーク(SSID)を選択し、接続することで機能する。また、バーチャルLAN(仮想LAN)の方式の1つで、送信フレームのヘッダ部分に識別番号を記すことでグループ分けする“タグVLAN”に対応し、異なるグループにデータを送らないことで、負荷軽減とセキュリティに利用できる。

 管理者向けに、より柔軟な管理手法が用意されている。コンソールポートからAPのIP設定や、暗号化方式などの無線LAN接続設定を行なえるほか、SNMP(Simple Network Management Protocol)を利用した機器状態の通知に対応した。LLDPに対応し、異なるメーカー製デバイスでも一元管理できるほか、スパニングツリーに対応し、ネットワークのループ構成を検知し、ポートを自動的にブロックできる。また、SSID数が、2.4GHz帯15個/5GHz帯15個に拡張されたほか、設定画面でのログ表示やUSBメモリへの保存に加え、SYSLOGサーバへのログ送信も行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アクセスポイント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アクセスポイント」関連情報をランダムに表示しています。

「アクセスポイント」関連の製品

D-Link クラウド管理型 Wi-Fiソリューション DBA-1510P 【ディーリンクジャパン】
アクセスポイント
無線LANをクラウドから一元管理する次世代ソリューション「D-Link Business Cloud」に対応した無線LANアクセスポイント。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061151


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > アクセスポイント > アクセスポイントのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ