NECキャピ、Windowsの暗号化機能BitLockerの管理サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NECキャピ、Windowsの暗号化機能BitLockerの管理サービスを提供


掲載日:2015/04/02


News

 NECキャピタルソリューション株式会社(NECキャピ)は、Windowsの上位エディションに標準搭載されているドライブ暗号化機能“BitLocker”を同社が管理し、暗号化の有効性向上を支援するサービス「BitLocker管理サービス」の提供を開始した。

 「BitLocker管理サービス」は、ディスク暗号化ソフトウェア「SecureDoc」を活用したモバイルセキュリティのBPO型クラウドサービス「SecureDocマネージドサービス」のオプション。

 運用をマネージドサービスで提供することで、端末の暗号化状況の管理を支援する。“共通のポリシーの適用/更新ができなくなる”“盗難/紛失が起こった際に暗号化されていたことが証明できなくなる”“パスワードを忘れた場合に、データが完全に取り出せなくなる”“パスワードの再発行に手間がかかる”といった問題への対処を図れる。

 “BitLocker”と「SecureDoc」で暗号化した端末が混在していても、同社が一括して管理サービスを提供する。プリブート画面を共通化し、利用者の操作を統一することもできる。また、プリブート画面を「SecureDoc」に切り替えると、パスワード再発行時手続きのチャレンジレスポンス方式への変更や、盗難/紛失時の遠隔無効化機能を利用できるようになり、セキュリティレベルの強化を図れる。

 “BitLocker”管理情報の初期設定や、設定変更時のプロファイル配信、パスワード忘れ/ロック解除などの問い合わせ対応、端末の暗号化状態の確認、回復キーのバックアップ、管理サーバの運用管理/バージョンアップも、サービスに含まれる。

 価格は、1台につき月額700円で、契約期間/台数に応じた見積の相談にも対応する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】 Thales HSM (ハードウェアセキュリティモジュール) 【タレスジャパン】 アプリケーションの改修なしに「PCI DSS準拠のデータ保護」を実現する方法とは 【日本オラクル】 InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム) 【アルプス システム インテグレーション】 個人情報検出・管理ソフト 「PCFILTER」 【Jiransoft Japan】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
鍵のライフサイクル管理と暗号処理を行う製品。信頼の要となる鍵をソフトウェアから分離して強力に保護することが可能。強固な鍵管理により企業の「信頼」を守る。 アプリケーションの改修なしに「PCI DSS準拠のデータ保護」を実現する方法とは ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。 マイナンバーや個人情報などの重要情報を含むファイルをPCやネットワークドライブから素早く見つけ出し、適切な対処と情報管理を行う。ソフトウェアのほか、SaaSでも提供。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061141


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ