アララ、ARプラットフォームに立体認識機能を装備

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アララ、ARプラットフォームに立体認識機能を装備


掲載日:2015/04/01


News

 アララ株式会社は、ARアプリ「ARAPPLI」のメジャーアップデート版として、米Qualcomm Connected Experiences,Inc.の立体認識を実現できるARエンジンの新版「Qualcomm Vuforia Mobile Vision Platform」を装備し、4月にリリースする。

 「ARAPPLI」は、スマートフォン向けARプラットフォームサービス。利用者をSNSやキャンペーンサイトに誘致できるSNS連動・Webバナー設定機能や、“スタンプラリー”機能により、O to Oマーケティング活用・販売促進・来店促進などをサポートする。

 メジャーアップデートとしては、3月にもインタラクティブ機能と動画撮影機能が装備されている。また今回の立体認識への対応により、平面画像にとどまらず、お菓子やフィギュアなどの立体物を認識し、ARコンテンツを表示させることが可能になった。「Qualcomm Vuforia Mobile Vision Platform」の搭載により、対象物を360度から認識でき、読取り角度に応じたコンテンツの表示も実現している。

 インタラクティブ機能では、読取り後に表示されるCGに様々な動きを付加でき、利用者がタップした個所に応じて異なるコンテンツを表示させることができる。このほか、株式会社カヤックが提供するゲーム実況録画SDK(ソフトウェア開発キット)「Lobi REC SDK」を利用することで、従来の「ARAPPLI」で装備していたカメラ機能に加え、動画撮影機能も搭載された。コンテンツの一連の動きや音を録画可能になり、保存機能でコンテンツの立体感や前後左右に移動する動きを再生することもできる。SNSへの連携機能も搭載しているため、動画撮影画面上から容易に投稿できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「アララ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061105


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ