NTT Com、IVR付きコールセンター運用支援サービスをリニュアル

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT Com、IVR付きコールセンター運用支援サービスをリニュアル


掲載日:2015/03/30


News

 NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は、コールセンター運用を支援する「ナビダイヤル・インテリジェントサービス」に6つの機能を追加し、リニュアルした。

 「ナビダイヤル・インテリジェントサービス」は、問い合わせ対応拠点が全国に分散している場合でも“0570”で始まる統一の番号で問い合わせを受け付けられるほか、問い合わせ時の通話料金を発信者側と着信者で分担できる機能や、IVR(音声自動応答)などの機能が搭載されている。

 今回のリニュアルでは、発信者(問い合わせ側)の通話料金を、着信側(コールセンター)までの距離に関係なく、全国一律料金に設定できる“全国一律課金機能”が追加された。すべての契約回線で「Arcstar IP Voice」または「ひかりライン」を利用している場合に利用できる。更に、固定電話(一般加入電話、ISDN)、他社直収電話など(ひかり電話、050番号以外のIP電話含む)から発信した場合は、全国一律1分10円の料金を設定できる。

 そのほか、着信側の電話回線がすべて通話中の場合、発信者に音声ガイダンスを流し、回線が空き次第つなぐ“話中時待合せ機能”や、「ナビダイヤル」の既存ユーザが、使用中の「ナビダイヤル」番号のまま「ナビダイヤル・インテリジェントサービス」を利用できる“同番移行機能”が追加された。また、発信者の通話料金の一部を、着信側で割合を指定して負担する“チャージ機能”や、迷惑電話に対して自動音声ガイダンスで対応し、コールセンターへの着信を未然に拒否する“迷惑電話お断り機能”、発信者の発信地域や、IVRのガイダンス中にどのボタンを押したか(どの窓口を選択したか)などの情報を、通話前にオペレーターに音声で通知することで、円滑な応対をサポートする“ウィスパー機能”が追加された。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「コールセンター/CTI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コールセンター/CTI」関連情報をランダムに表示しています。

「コールセンター/CTI」関連の製品

次世代クラウドサービス PureCloud 【インタラクティブ・インテリジェンス】 NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】
コールセンター/CTI コールセンター/CTI
コラボレーション、コミュニケーション、顧客エンゲージメント向けクラウドサービスをオールインワンで提供。高い拡張性・信頼性・セキュリティのもとで利用できる。 Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061069


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ