フェニックスエンジニアリング、無線の電話会議システム等を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


フェニックスエンジニアリング、無線の電話会議システム等を発売


掲載日:2015/03/30


News

 株式会社フェニックスエンジニアリングは、香港・VTech Telecommunicationsのワイヤレスマイク電話会議システム「ErisStation」を発売した。

 また同社は、クラウドプラス株式会社と業務提携し、クラウドプラスの電話会議サービス「Meeting+」と「ErisStation」をセットにしたパッケージの提供も開始した。「Meeting+」は、固定回線とSIP(Session Initiation Protocol)を利用したハイブリッド型サービスで、従量課金制に加え、定額制を選択できる。

 「ErisStation」では、本体内蔵の2個のマイクと、本体から取り外して自在に配置できる4個のワイヤレスマイクを同時に接続して会話を行なえる。ワイヤレスマイクはDECT準拠方式で、携帯電話など他の無線機器との電波干渉を回避できる。また、雑音・エコーの除去や音量レベルの一定化などの音響処理技術を搭載したことで、高音質を達成していて、大きな声で話すことは不要。音質補正はリアルタイムに行なわれ、マイクの位置が移動しても高音質を維持できるため、マイクを持って会話することもできる。

 ワイヤレスマイクは、本体に一体化されたマグネット式の充電ドックにセットして充電でき、連続通話可能時間は8時間で、長時間の会議にも対応できる。また、本体は、ホワイトバックライトの大型ディスプレイを備え、電話帳や着信履歴などの通常の電話機機能を搭載している。

 「Meeting+」と「ErisStation」のセットでは、「ErisStation」で多拠点との通話を行なえるほか、BCP対策として「ErisStation」が非常時の基地局の役割を担い、参加者一斉呼び出し機能を利用することで、非常時に多地点・多人員との連絡体制を迅速に再構築したい場合に、アナログ・SIPを活用してハイブリットでつながるコミュニケーションルートを確保できる。


出荷日・発売日 2015年3月26日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

いまエンドポイントセキュリティに必要な「3つの防御機能」とは? 【ニッセイ情報テクノロジー】 2016年セキュリティ調査:データ侵害事件で使われた代表的な攻撃手法は? 【シンガポールテレコム・ジャパン】 制裁金は全売上高の4%、施行迫る「GDPR」で日本企業が考えるべき5つのステップ 【日本プルーフポイント株式会社】 効果的なデジタルマーケティングを実現する新時代の「AR」プロモーションとは? 【スターティアラボ】 SF映画さながらの管理画面で、サイバー攻撃の検知から通信の遮断まで自動実行 【ディアイティ】
フィルタリング 検疫 メールセキュリティ CRM UTM
いまエンドポイントセキュリティに必要な「3つの防御機能」とは? 2016年セキュリティ調査:データ侵害事件で使われた代表的な攻撃手法は? 制裁金は全売上高の4%、施行迫る「GDPR」で日本企業が考えるべき5つのステップ 効果的なデジタルマーケティングを実現する新時代の「AR」プロモーションとは? SF映画さながらの管理画面で、サイバー攻撃の検知から通信の遮断まで自動実行

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061063


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 電話会議 > 電話会議のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ