日本HP、予測支援機能を追加したデータバックアップ製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、予測支援機能を追加したデータバックアップ製品を発売


掲載日:2015/03/27


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、「HP Adaptive Backup & Recovery」ソリューションのラインアップを強化し、動的なIT環境のニーズに対応するデータバックアップ製品を発売した。

 今回発売されたのは、「HP Data Protector 9.0」「HP Backup Navigator」「HP Data Protector Management Pack」「HP Data Protector Smart Plug-in for HP Operations Manager」。これらを活用することで、バックアップ・リソースの配分の最適化を図れ、エラーの発生回数やリカバリ時間、バックアップ運用コストを削減することで、事業継続性の改善を図れる。

 「HP Data Protector 9.0」は、適応型・自己認識型のバックアップ&リカバリ・ソリューション。今回、「HP StoreOnce Backup Systems」の新機能に対応し、連携重複排除バックアップで、更に柔軟なソリューションを利用できる。新しいSmartCache機能を活用したVMware vSphere仮想ディスクの迅速なリカバリが提供されることで、時間とリソースを節約でき、管理の俊敏性向上を図れる。また、重複排除データバックアップでの伝送路の暗号化と格納先暗号化を行なうことで、動的環境でのバックアップワークロードを安全に行なえる。

 「HP Backup Navigator」は、詳細な運用分析に基づいたデータ保護ツールで、組織のバックアップ環境を効果的にナビゲーションできる。動的でインタラクティブな“ドリルダウン”式グラフィック・ダッシュボードで、過去・現在・将来の性能に関する、実行可能な洞察を提供するほか、ソーシャルメディア機能と自動レポート作成・共有機能を利用することで、社内のバックアップポリシーや分析ダッシュボードを自動的に共有できる。

 「HP Data Protector Management Pack」はMicrosoft System Center Operations Managerのプラグインとして、「HP Data Protector Smart Plug-in for HP Operations Manager」はHP Operations Managerのプラグインとして機能し、HP Data Protectorコンポーネントの健全性・性能・可用性を一元的に監視できる。HP Data Protectorコンポーネントについてディスカバリーとトポロジーを表示できるほか、環境内のすべてのクライアントとデバイスの状態を視覚的に確認できる。また、アラートと通知機能で、バックアップ環境内の問題解決に向けた事前対応を推進できる。


出荷日・発売日 2015年3月26日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、その実現方法とは? 【arcserve Japan】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 高速バックアップ/リカバリ 「System Recovery」 【ベリタステクノロジーズ】 オールフラッシュ時代の「業務を止めない」バックアップ&リストアとは 【日本ヒューレット・パッカード】 定期的なフルバックアップは永久に不要? データ保護の4大課題をまとめて解決 【日本アイ・ビー・エム】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
「クラウドサービスならバックアップは不要」と思っていないだろうか。特にOffice 365ではその“誤解”がある。バックアップが必要な理由と選定すべき製品を紹介しよう。 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 サーバ、ノートPC、仮想マシンに対応する「高速バックアップ/リカバリソリューション」。Windows Server 2016、SQL 2016など、Microsoft社の最新製品にも対応。 業務のスピードアップを目的としたフラッシュストレージ導入が盛んだが、システムリカバリーの視点が欠落しがちだ。事業リスクを最小化する戦略的選択を考える。 定期的なフルバックアップは永久に不要? データ保護の4大課題をまとめて解決

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061054


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ