提携:ALBERTとエヴィクサー、ビッグデータ分野で資本・業務提携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:ALBERTとエヴィクサー、ビッグデータ分野で資本・業務提携


掲載日:2015/03/27


News

 株式会社ALBERTは、エヴィクサー株式会社との間で資本提携を行なうとともに、ビッグデータ活用分野で包括的業務提携を行なうことを決議したと発表した。

 ALBERTが独自開発するデータマネジメントプラットフォーム「smarticA!DMP」は、企業内に蓄積される大量データを統合し、自動的にデータマイニングをした上で、キャンペーンマネジメントを通じてオムニチャネルのコミュニケーションを最適化できる。

 一方、エヴィクサーが提供するACR(自動コンテンツ認識)技術は、テレビ、ラジオ、紙媒体、アウトオブホーム・メディア(交通/屋外など)、店頭で展開される広告物やコンテンツから発せられた音を、スマートフォンなどのマイクを通じて取得し、その内容を自動的に分析することでリアルタイムに様々な連動アクションを起こすことができる。放送データ及び、店舗やイベント会場などのオフラインの接触行動と、スマートフォンなどのモバイルデバイス上のオンラインの接触行動をユーザ単位で把握し、プッシュでメッセージを送って双方向のコミュニケーションが可能となる。

 今回の提携を通じ、オフラインコンテンツとモバイルデバイスでの接触データを統合するエヴィクサーの技術と、ALBERTの「smarticA!DMP」を連係し、企業と消費者のオムニチャネルコミュニケーションの最適化を図ると伝えている。

 また、両社は戦略的パートナーとして、オンラインとオフラインの“ビッグデータ活用”に関する各分野において連係し、複雑化する消費者行動の精緻な把握と分析を行なうことで、様々な顧客接点におけるコミュニケーションの最適化を図るとしている。

 具体的な分野として、O to O to O・オムニチャネルなどのコミュニケーション最適化や、従来は把握しきれていない放送及びオフラインコンテンツ接触後の消費者行動分析、汎用性の優れたACR技術のプラットフォーム拡大、IoT(モノのインターネット)やM to Mビジネスへの応用を挙げている。

 なお、資本提携では、エヴィクサーが第三者割当増資により新株式を発行し、新たにALBERTがその総数を引き受ける。また、3月25日にALBERT代表取締役社長の上村 崇氏がエヴィクサーの取締役に就任したと述べている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ストレージ基盤事例:刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない 【ネットアップ】 アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターへの変革 【ネットアップ】 次世代事業継続ソリューション「Veritas Resiliency Platform」 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS」 【ジャストシステム】 ファイルサーバー管理ツール「GDMS」 【ジャストシステム】
NAS データセンター運用 バックアップサービス サーバー管理 サーバー管理
ストレージ基盤導入事例――刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット 企業に眠るデータから洞察を引き出すための4ステップ 肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。 肥大化したファイルサーバの状況を「素早く可視化」し、「簡単操作で整理」できる管理システム。アーカイブやアクセス権管理機能も搭載。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061049



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ