SAS、探索的データ分析ソフトの新版でクエリビルダーなどを追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SAS、探索的データ分析ソフトの新版でクエリビルダーなどを追加


掲載日:2015/03/26


News

 SAS Institute Japan株式会社(SAS)は、探索的データ分析ソフトウェアの新バージョン「JMP 12」と、「JMP」に高度な分析機能を追加した「JMP Pro 12」を発売した。

 今回の新バージョンでは、データの前処理の作業を容易に行なえ、時間の短縮を図れる。クエリの繰り返し実行と共有をプログラミング不要で行なえるクエリビルダーが追加されているほか、データのクレンジングをより効率的に行なうためのユーティリティやオプションが追加されている。モデルの作成や比較をドラッグ&ドロップで行なえるビジュアルモデルビルダーが追加されているほか、JSLに追加されたコンテナを利用することで、1つのグラフで選択して別のグラフのデータをフィルタリングできる選択フィルタが追加されている。

 レポートやグラフをPowerPointに直接エクスポートでき、プレゼンテーションの作成を容易に行なえるほか、バブルプロットとプロファイルで、インタラクティブHTMLへの出力を利用できる。破壊劣化/工程能力分析/多重対応分析(MCA)の各分析プラットフォーム、選択モデルに多選択プロファイルと確率プロファイルが追加されている。

 「JMP Pro 12」では、被覆配列プラットフォームが追加され、ソフトウェア/回路/ネットワーク設計でコストと時間を最小化する実験を生成できる。信頼性ブロック図の機能が拡張され、複数のコンポーネントで構成されるシステム全体の信頼性をインタラクティブに分析できる。PLS判別分析(PLS-DA)が追加され、PLS回帰でカテゴリカルの応答をあてはめられる。また、一般化回帰や混合モデルで、他の多くのモデリングプラットフォーム同様にパフォーマンスが向上している。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「データ分析ソリューション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データ分析ソリューション」関連情報をランダムに表示しています。

「データ分析ソリューション」関連の製品

JINS快進撃の裏にあるデータ経営と、製造業のビッグデータ事例を見る 【東日本電信電話】 分析力強化をサポートするサービスがどんな場面で役に立つのか。 【新日鉄住金ソリューションズ株式会社】 ビーコンによる動線分析ソリューション Location Data Analyzer 【パナソニック ソリューションテクノロジー】 ロボットがビッグデータ分析を自動化――予測分析モデルを誰でも利用可能に 【新日鉄住金ソリューションズ】 データ分析ソリューション(NECの提供するデータサイエンス) 【NEC】
データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション
JINS快進撃の裏にあるデータ経営と、製造業のビッグデータ事例を見る 「データサイエンティストが足りない」の大問題をどう乗り越える? 場所を選ばず簡単に設置可能な小型軽量のビーコンを用いて、人やモノなどの経営資源の位置情報や動きを「見える化」することで、業務効率アップや売上拡大を支援。 ロボットがビッグデータ分析を自動化――予測分析モデルを誰でも利用可能に NECの専門部隊による的確なビッグデータ分析を実施し、有用な情報活用を支援するソリューション。売上拡大・コスト削減へ貢献し、新たなビジネス価値を創出する。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20061026


IT・IT製品TOP > データ分析 > データ分析ソリューション > データ分析ソリューションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ