ユビキたス、GPS/PHS利用で定額制の位置情報提供サービスを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ユビキたス、GPS/PHS利用で定額制の位置情報提供サービスを発表


掲載日:2015/03/24


News

 株式会社ユビキたスは、法人向けに、定額制の位置情報提供サービス「どこ・イルカBiz」を発表した。

 「どこ・イルカBiz」は、GPS(Global Positioning System)/PHSのハイブリッド型端末仕様で、ヒト・モノ・車両の“移動状況”と“リアルタイム”な所在を即時に把握できるサービス。屋外ではGPSで測位し、GPSの測位が困難な屋内や地下では、最寄最大10地点のPHSアンテナ基地局からの電波の強弱に基づいて測位する同社の専用端末「どこ・イルカHybrid」を使用し、様々な検索状況下で取得した位置情報を確認できる。GPSで測位した位置情報を、1分ごとに「どこ・イルカHybrid」が自動取得し、管理するPCの画面上で5分ごとに自動更新されるほか、“どこにいるか”をリアルタイムに確認することもできる。

 「どこ・イルカ」の通信端末は、株式会社CSCが提供するPHSの通信回線網を利用しているほか、「どこ・イルカcolony」の地図は、スーパーマップルデジタルを使用し、詳細な地図で「どこ・イルカHybrid」の所在地を明確に把握できる。

 ポスティング業では、監視員コストの削減やアルバイト・パートなどの安全管理と意識変革の醸成、クライアントへの報告サービスの向上を図れるほか、営業スタッフなどの管理では、ルートセールス員・メンテナンス作業員・人材派遣員・教育研修員などの安全・行動管理、就業時間内の職務意識の向上を図れる。輸送業・産廃業では、タイムリーな所在把握、ドライバーや荷物の安全運行管理、トラブル・遅延などにともなう状況確認と的確な指示を行なえる。

 導入費用は、「どこ・イルカHybrid」が1台あたり1万2000円(付属品・契約事務手数料は別途)、「どこ・イルカcolony」ソフトウェア設定費用が管理PC1契約あたり7万5000円、スーパーマップルデジタル地図ソフトが同1万5000円、月次費用は完全定額制で、月次端末通信料が1台あたり1500円、月次サーバー利用料が管理PC1契約あたり3万円。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060984


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > GPS > GPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ