導入:AMI、ジャパネットに音声認識ソリューションを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


導入:AMI、ジャパネットに音声認識ソリューションを導入


掲載日:2015/03/24


News

 株式会社アドバンスト・メディア(AMI)は、株式会社ジャパネットコミュニケーションズ(ジャパネット)に、コールセンター向け音声認識ソリューション「AmiVoice Communication Suite」を導入したと発表した。

 ジャパネットグループは、ラジオ放送・テレビ放送・カタログ・チラシ・インターネットなどを用いた“メディアミックス”型の通信販売を展開している。購入前から購入後まで、素早い対応とユーザへのきめ細かなサポートを充実させるため、コールセンター業務のアウトソーシングを行なわず、自社内で完結しているという。ただし、スーパーバイザーによる注文受付業務を行なうコミュニケーターのフォローでは、従来の音声モニタリングの場合、スーパーバイザーは一度に1人のコミュニケーターの通話しか確認できなかった。

 そこで今回、コミュニケーターフォローの充実による顧客への提案・サポート体制を強化するため、「AmiVoice Communication Suite」を導入した。

 「AmiVoice Communication Suite」は、コールセンターで生まれる“声”を1つのDBに集約し、様々な活用を可能にするソリューション。顧客との全会話を文字化し、VOC分析や通話モニタリングへの活用、コンプライアンス対策を行なうことが可能。また、会話の中で必ず述べなければいけない必須ワードやNGワード監視、音声キーワード検索などを行なうことができるため、応対品質の向上にもつながると伝えている。

 同ソリューションの音声認識技術で通話内容をリアルタイムに可視化することにより、複数の会話を同時にテキストで確認することが可能になった。スーパーバイザーはタブレット端末を持ち歩きながら各コミュニケーターの通話内容を目視確認し、状況に応じた指示を迅速に行なえるようになったという。1年間に渡る導入検証では、会話へのスーパーバイザーの介入頻度を高めることで、成約率を向上させることができたと述べている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

Sciforma 7.0 「PPMソリューション」 【サイフォーマ】 NeoFace Monitor 【NEC】 資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】 安全性と利便性を両立、企業システムやBCPサイトに最適な高信頼性クラウドは? 【三菱電機インフォメーションネットワーク】 クラウドID管理の難題、解決の鍵は? 【日本マイクロソフト+他】
プロジェクト管理 認証 IT資産管理 プライベートクラウド ID管理
ポートフォリオレベル及びプロジェクトレベルで、スケジュール、リソース、コスト/予算の計画立案と実績の監視・コントロールや意思決定を支援するPPMツール。 高度な顔認証エンジンで、PC起動時からログアウトまでのPCのセキュリティ確保を行う顔認証PCセキュリティソフトウェア。 2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。 安全性と利便性を両立、企業システムやBCPサイトに最適な高信頼性クラウドは? 業務の効率化にクラウドアプリの積極的な導入は欠かせないが、利用するサービスが増えてくるとID管理やセキュリティ確保が課題になる。どうすればいいか。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060979



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ