パナソニックNETS、MajorFlowクラウドをMFクラウド会計と連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パナソニックNETS、MajorFlowクラウドをMFクラウド会計と連携


掲載日:2015/03/24


News

 パナソニック ネットソリューションズ株式会社(パナソニックNETS)は、同社の経費精算/出退勤打刻のクラウドサービス「MajorFlowクラウド」を、株式会社マネーフォワードのクラウド型会計ソフト「MFクラウド会計」と連携対応すると発表した。

 パナソニックNETSではWebワークフローシステム「MajorFlow」を提供しており、ユーザニーズに合わせ数々の機能強化を行なってきたという。「MajorFlow」は大企業・中堅企業をメインターゲットとしているが、「MajorFlowクラウド」の提供を通じ、今後、更に小規模のユーザに向けても提供を進めていくと述べている。

 「MajorFlowクラウド」は、PCやスマートフォン/タブレットで使えるクラウドサービスで、5名からのスモールスタートが可能。経費精算と出退勤打刻の2つの機能を有している。

 今回の連携対応により、「MajorFlowクラウド」の経費精算ワークフローで申請〜承認された交通費精算データを「MFクラウド会計」に取り込めるようになり、会計帳簿作成を自動化できるなど、より多くの企業で利用可能になったという。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

標的型メール訓練サービス 【日立ソリューションズ】 AWS環境のデータ保護と管理を実現、“暗号鍵”の一元管理でセキュリティ強化 【タレスジャパン】 「Cloud KMS」対応、高度な暗号化でGCPとハイブリッドクラウドのデータを保護 【タレスジャパン】 クラウド型コラボレーションツール導入から3年で第一三共はどう変わった? 【Box Japan】 「Office 365×Box」の新たな形、コミュニケーションを変えるコンテンツ管理術 【Box Japan】
メールセキュリティ 暗号化 暗号化 グループウェア グループウェア
単に社員ごとの開封/未開封が確認できるだけでなく、業務にあわせたメール文面のカスタマイズや、開封してしまった後の教育までサポートする標的型メール訓練サービス。 AWS環境のデータ保護と管理を実現、“暗号鍵”の一元管理でセキュリティ強化 「Cloud KMS」対応、高度な暗号化でGCPとハイブリッドクラウドのデータを保護 クラウド型コラボレーションツール導入から3年で第一三共はどう変わった? 「Office 365×Box」の新たな形、コミュニケーションを変えるコンテンツ管理術
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060976



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ